9月10日は何の日?斉藤由貴/松田翔太/松林菜々見/小室哲哉 KEIKO夫妻?

 

フリー素材アイドル「MIKA☆RIKA」

 

9月10日生まれの斉藤由貴や松田翔太、松林菜々見、

小室哲哉「4年、女の人と歩いたことない」、

男の悩みについてまとめていきます。

 

広告

2015年9月10日は仏滅の日

2015年9月10日は仏滅の日

なんですが、いったい何の日

なのか、まとめてみます。

 

下水道の日

この時期が立春から数えて220日目にあたる二百二十日で台風による水害が発生しやすい時期であるために、下水道をアピールするのに最適であるとしてこの時期が選ばれました。下水道の整備の促進について人々の理解と協力を呼びかけようと、1961年に建設省(現国土交通省)が制定しました。

 

屋外広告の日

1973年のこの日に屋外広告法が国会を通過したことを記念して、全日本屋外広告業団体連合会が翌1974年に制定しました。

 

牛タンの日

牛(9)タン(10)の語呂合わせ。この日は加盟店などの牛タン定食が安くなります。牛タン業界活性化を願い、仙台牛たん振興会が2006年から制定した記念日です。

 

あの有名人・芸能人の誕生日だった?

9月10日は、あの有名人の誕生日でした。

どんな人物がいるのか、まとめていきましょう。

 

斉藤由貴

yukis

本名:小井 由貴(いさらい ゆき) 旧姓、斉藤。

日本の女優、歌手、ナレーター。

血液型はB型。

東宝芸能所属。

神奈川県出身。

 

松田翔太

matusiy

日本の俳優。

オフィス作所属。

東京都杉並区出身。

俳優松田優作と女優松田美由紀夫妻の次男。

兄の松田龍平は俳優。

妹のYuki(ユウキ)はエレクトロニックユニット、

「Young Juvenile Youth」のボーカル。

 

松林菜々見

mam

日本のグラビアアイドル、レースクイーン、タレント。

プラチナムプロダクション所属。

東京都東村山市出身。

 

 

 

広告

2015年9月10日木曜日のニュース

2015年9月10日はどんな、

出来事を取り上げましょうか?

気になるニュースをピックアップします!

 

小室哲哉「4年、女の人と歩いたことない」

tkomu

 音楽プロデューサーの小室哲哉(56)が、妻でglobeボーカルのKEIKO(43)がくも膜下出血で倒れてから約4年になるが、現在もまだ歩いて外出することが出来ない状況であることを明かした。

2011年10月に救急搬送されて以来、療養が続いているKEIKO。その後の様子は小室がSNS等でたびたび報告しており、今年2月には夫婦でカラオケに出かけたことを報告するとともに、一緒に車に乗り込んだKEIKOの写真も公開してファンを安心させていた。

また8月9日に都内で行われたglobeのサプライズライブではKEIKOの肉声のメッセージが披露された。3年10カ月ぶりとなる肉声は、歌唱時とは異なる低い声で、途中でこもるような部分もあったが、ゆっくりと、しっかりとした口調だった。KEIKOの順調な回復ぶりがうかがい知れ、ファンは大きな拍手で迎えた。

しかし、音声のみによるメッセージは、まだ公の場に姿を現すことが難しい状況であることも示している。小室は8日にトークライブアプリ「755」で、「もう、けっこう 女性と並んで外を歩くなんて忘れ出してる」と書き出し、「桂子さんが元気な頃はかなりあったけど、というよりほぼ100%だったけど。大げさじゃなくて4年、女の人と歩いたことない」と明かした。

小室はKEIKOの43回目の誕生日を迎えた先月18日、ツイッターで「無事、もうすぐ4年 再発せず、元気なだけでも良かった。計画通りとはいかなくとも、贅沢は言えないのは当たり前」と妻の元気な姿を喜んだが、復帰の見通しは立っておらず、レコーディングやライブ復帰はまだ先になりそうだ。

出典:日刊スポーツ

広告

小室哲哉さん、KEIKOさん

早く元気になって

レコーディングやライブ復帰をして

ファンを喜ばして下さい!

 

一日も早い復帰を心待ちにしています!

 

 

男の悩み

最近コンプレックス系の悩みが女性だけではなく、

男性にも広がっているようです!

そんな時「くよくよ考えないで」

解決してみて如何ですか?

 

ネットでは「人目を気にせず検討したり」

オンラインショップでの「購入」が可能です!

この機会に如何ですか?

 

男も色気が無くなっては終わり!

男も「身だしなみ」を気にしたり

「女性に興味」を持ったり

「色気が無くなっては終わり」だよ!

若い頃「そんなことを言う人がいました。」

 

「英雄色を好む」じゃないですが

そういう人の方が「仕事」も出来て

私生活も充実しているものだよ!

 

その時は「そうかなぁ」くらいにしか思いませんでしたが

今にして思うと「なるほどなぁ」と頷けます!

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ