8月29日は何の日?八代亜紀/高橋かおり/片寄涼太/良い女 本田朋子アナ!?

フリー素材アイドル「MIKA☆RIKA」

 

8月29日生まれの八代亜紀や高橋かおり、片寄涼太、

本田朋子アナ バスケ選手と結婚した理由「無一文になっても…」、

男の悩みについてまとめていきます。

 

広告

2015年8月29日は仏滅の日

2015年8月29日は仏滅の日

なんですが、いったい何の日

なのか、まとめてみます。

 

ケーブルカーの日

1918年のこの日、大阪電気軌道(現在の近畿日本鉄道)の子会社生駒鋼索鉄道が、奈良県生駒山に日本初のケーブルカーを開業させたことに由来します。今の生駒鋼索線のことです。

 

文化財保護法施行記念日

1950年8月29日に国宝や重要文化財の保護や文化の向上を目的とした法律「文化財保護法」が施行されたことに由来し、1951年に制定しました。この法律は1949年1月26日の法隆寺金堂の火災をきっかけに制定されたものです。

 

焼き肉の日

夏バテ気味の人に焼肉を食べてスタミナをつけてもらおうという日です。8月29日の「829」が「ヤキニク」と読めることから。事業協同組合全国焼肉協会が1993年に「ヤキニクの日」として制定しました。

 

あの有名人・芸能人の誕生日だった?

8月29日は、あの有名人の誕生日でした。

どんな人物がいるのか、まとめていきましょう。

 

八代亜紀

本名、増田 明代(ますだ あきよ)。旧姓、橋本。

日本の演歌歌手、女優、タレント、画家。

熊本県八代市出身。

 

高橋かおり

kaota

日本の女優。

融合事務所所属。

神奈川県横浜市出身。

 

片寄涼太

日本の歌手、ダンサー。

GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバー。

LDH所属。

大阪府八尾市出身。

 

 

 

広告

2015年8月29日土曜日のニュース

2015年8月29日はどんな、

出来事を取り上げましょうか?

気になるニュースをピックアップします!

 

本田朋子アナ バスケ選手と結婚した理由「無一文になっても…」

 元フジテレビの本田朋子アナウンサー(32)が27日、日本テレビ系「耳が痛いテレビ 芸能界カスタマーセンター」に出演。視聴者から寄せられた“なぜ安定した局アナの座を捨て、不安定なバスケットボール選手と結婚したのか?”というクレームに対し、「無一文になっても自分が支えたい」という気持ちで結婚したことを明かした。

本田アナは13年7月、プロバスケットボールの五十嵐圭選手(35)と結婚。同年9月いっぱいでフジを退社した。

この日は、視聴者から「安定していたのになぜ(局アナの座を捨てたのか)?そのまま局アナでいたら、例えご主人がどう転んでも安定しているのに、もったいない」と辛辣な言葉を投げかけられた。

女子アナといえば、プロ野球選手との結婚が目立つ。なぜバスケ選手なのか?。劇団ひとりは、プロ野球選手ではなく、選手生命の短い(バスケットの)選手との結婚は「好感度大」とコメントしたが、本田は「結婚に対する信念がありまして…」と切り出した。

本田は、父親が独立して事業を起こす時に、母親が「リヤカーを引いてでも、あなたを支えるからどうかやりなさい」と背中を押した一言を紹介し、「その姿を見ていて、家庭っていうのはこうやって支えていくんだ(と思った)。(結婚する時は)『この人が無一文になった時でも、自分が支えていけるか』という観点で相手を選んだ」と、収入は結婚に関係がなかったことを示唆。「自分の人生で大事な時間は、家庭という基盤があったほうが安定している、と(いう観点で相手を)選ばせていただきました」と話した。

出典:デイリースポーツ

広告

本田朋子さん、

凄い女性ですね~!

『この人が無一文になった時でも、自分が支えていけるか』

という観点で相手を選ぶなんて

とても普通の人ではできないことです!

男性の立場からいうと

「男冥利に尽きる」といいますか

ありがたいこと、この上ないです!

前から本田朋子さんのことが好きでしたが

更に「大好き」になりました!

 

イケメンのご主人と末永くお幸せに・・・!

お仕事の方も活躍して下さい!

 

 

男の悩み

最近コンプレックス系の悩みが女性だけではなく、

男性にも広がっているようです!

そんな時「くよくよ考えないで」

解決してみて如何ですか?

 

ネットでは「人目を気にせず検討したり」

オンラインショップでの「購入」が可能です!

この機会に如何ですか?

 

男も色気が無くなっては終わり!

男も「身だしなみ」を気にしたり

「女性に興味」を持ったり

「色気が無くなっては終わり」だよ!

若い頃「そんなことを言う人がいました。」

 

「英雄色を好む」じゃないですが

そういう人の方が「仕事」も出来て

私生活も充実しているものだよ!

 

その時は「そうかなぁ」くらいにしか思いませんでしたが

今にして思うと「なるほどなぁ」と頷けます!

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ