5月2日は何の日?上重聡/北出菜奈/小松美月/勝谷氏 憤慨 上重アナと日テレ

フリー素材アイドル「MIKA☆RIKA」

 

5月2日生まれの上重聡や北出菜奈、小松美月、

勝谷氏 上重アナと日テレの対応に憤慨「あり得ない」とバッサリ

についてまとめていきます。

 

広告

2015年5月2日は仏滅の日

2015年5月2日は仏滅の日

なんですが、いったい何の日

なのか、まとめてみます。

 

郵便貯金の日(郵便貯金創業記念日)

1875年のこの日に郵便貯金の業務が開始されたことを記念して、郵政省が1950年に制定しました。

 

交通広告の日

「こう(5)つう(2)」(交通)の語呂合せで関東交通広告協議会が1993年に制定しました。

 

歯科医師記念日

1906年のこの日に歯科医師法が施行されたことを記念して日本歯科医師会が1957年に制定しました。

 

あの有名人・芸能人の誕生日だった?

5月2日は、あの有名人の誕生日でした。

どんな人物がいるのか、まとめていきましょう。

 

上重聡

kamm

日本テレビアナウンサー。

日本のアマチュア野球選手。

 

北出菜奈

kitad

日本の歌手。

オルタナティヴ・ロックバンド『THE TEENAGE KISSERS』のボーカル。

身長160cm。血液型はO型。

北海道札幌市出身。

VIRGIN FIELD

新品価格
¥2,285から
(2015/4/30 18:09時点)

小松美月

kom

日本の女優。

ジャパン・ミュージックエンターテインメント所属。

埼玉県出身。

 

広告

2015年5月2日土曜日のニュース

2015年5月2日はどんな、

出来事を取り上げましょうか?

気になるニュースをピックアップします!

 

 勝谷氏 上重アナと日テレの対応に憤慨「あり得ない」とバッサリ

katut

 コラムニストの勝谷誠彦氏(54)が29日、大阪市内でサンテレビの冠番組「カツヤマサヒコSHOW」(土曜、後11・30)の書籍化第3弾「酔談3」(西日本出版社)の刊行記念サイン会を行った。終了後、取材に応じた勝谷氏は日本テレビの情報番組「スッキリ!!」の新MCを務める同局の上重聡アナウンサーに対して怒りをあらわにした。

開口一番に「上重は許せないよ、アイツ」と激怒。上重アナは、週刊文春に「有力スポンサーから『1億7千万円マンション』利益供与を受けた」と報じられた。同局の大久保好男社長は口頭での注意だけで済ませたことを27日の定例会見で明かしている。

自身も3月まで同番組の月曜コメンテーターを務めていた勝谷氏は「社長の口頭注意だけとかあり得ない。会社としてのケジメが。サンテレビでもクビにするよ。あんなヤツが、何をえらそうにオレが座っていたところでしゃべってんの」とまくし立てた。

「テリー(伊藤)さんも加藤浩次も頭にきてると思うよ。加藤浩次がどこで切れるかというのがすごい気になってる」とかつての共演者の心境を思いやった。

「日本テレビの局としての品性が試されていると僕は思う。別に僕が関わった番組だからじゃない。関わった番組でなくても言うよ。メディアとしての品性を疑います」と力説した。

「(上重アナを)別に社員をクビにしなくても、番組から降ろしたらいい話。社長が『お前はしばらく謹慎しろ』と言えばそれで終わる話」と説明。「何をダラダラやっているのか。何かもっとほかにあると思わざるを得ない」と日本テレビの対応に疑問を呈した。

一方、週刊文春が別に報じたソフトバンク・松坂から上重アナが受け取ったとされる“友情のボール”についての記事は事実無根として、法的措置をとる準備を進めている。

勝谷氏は「もともと1億7千万円の問題が事実と違うのであれば文春を訴えればいい。そっちを訴えないということは認めているわけでしょう」と指摘。「認めていてそんなのを社員として朝の番組に起用して、報道でしゃべらせている。あり得ない」と、この件に関しては怒りが鎮まらないようだった。

出典:デイリースポーツ

広告

今回の件、勝谷誠彦氏でなくても

おかしいと思いますよね!

「日本テレビ」自体がおかしいと

思われても仕方ないですね!

 勝谷氏の言うとおり「もともと1億7千万円の問題」が

事実と違うのであれば週刊文春を訴えればいい話ですもの。

そっちを訴えないということは

「認めていると思われても仕方ないですね!」

「認めていてそんなのを社員として朝の番組に起用して、

報道でしゃべらせている。あり得ない」

という『勝谷氏の意見』

「ごもっとも」

 と言わざるを得ないですね!

日本テレビ早く処分を下さないと

テレビ局の「品格」を疑われますよ・・・!?


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ