4月5日は何の日?吉田拓郎/鳥山明/千堂あきほ/三浦春馬/優香若い悩み?

フリー素材アイドル「MIKA☆RIKA」

 

4月5日生まれの吉田拓郎や鳥山明、千堂あきほ、三浦春馬、

優香 “若い”イメージ定着に悩み!?

についてまとめていきます。

広告

2015年4月5日は赤口の日

2015年4月5日は赤口の日

なんですが、いったい何の日

なのか、まとめてみます。

 

ヘアカットの日

明治5年4月5日(旧暦。新暦では1872年5月11日)のこの日、東京府が女子の断髪禁止令を出したことにちなみます。前年に散髪、脱刀が許可されたが、これを受けて髪を短くする女性が続出したため、「男性に限って許可した断髪を女性が真似てはならない」という禁止令を発布したもの。

 

横町の日

「よ(4)こ(5)ちょう」の語呂合わせ。

 

デビューの日

misu

1958年のこの日に読売巨人軍の長嶋茂雄がプロ初出場したことにちなみ、その年デビューした新人にエールを送る日です。

 

あの有名人・芸能人の誕生日だった?

4月5日は、あの有名人の誕生日でした。

どんな人物がいるのか、まとめていきましょう。

 

吉田拓郎

taku

日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家、

音楽プロデューサー、フォーライフレコードの第2代社長。

旧芸名は平仮名のよしだたくろう。

楽曲提供者としては入江剣の名を用いたこともある。

 

鳥山明

DRAGON BALL STARTER BOOK 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)


日本の漫画家、デザイナー。

血液型はA型。

妻は漫画家のみかみなち。

プロダクションは「BIRD STUDIO」(バードスタジオ)。

愛知県名古屋市出身。

 

千堂あきほ

akiho

本名、先名 晃穂(さきな あきほ)。

旧姓、馬場(ばば)。

日本のタレント、元歌手、女優。

札幌市在住。

サキナヤ所属。

 

三浦春馬

haru

日本の俳優。

アミューズ所属。

茨城県土浦市出身。

 

広告

2015年4月5日日曜日のニュース

2015年4月5日はどんな、

出来事を取り上げましょうか?

気になるニュースをピックアップします!

 

 優香 “若い”イメージ定着に悩み「ある時期で年齢が止まっている」

yuuka

 17歳でグラビアアイドルとしてデビューし、その後はタレントとしての人気を集め、“お茶の間の顔”として様々なバラエティ番組にも出演している、優香。“癒し系”の代名詞として一世を風靡し2000年代からは女優として活躍の幅を広げ、三谷幸喜による舞台『酒と涙とジキルとハイド』で舞台に初挑戦した。順風満帆を地で行く流れにも思えるのだが、今回の舞台出演について優香は「自分自身を試す挑戦」とストイックに位置付けている。そこには、若くしてブレイクしたことゆえの苦悩があった。

「自分はもう大人」若く見られることへの悩み

 2003年から9年間MCを務めたバラエティ『王様のブランチ』(TBS)やコント番組『志村けんのバカ殿様』(CX)で見せた、自然な身の置きようと天真爛漫さはお茶の間の幅広い層に受け入れられた。その一方で、それらが強烈なパブリックイメージとして優香に定着する。現在34歳。10代、20代での活躍が印象的であるがゆえに、“30代になった優香”に驚きが感じられるだろう。その驚きこそ、優香にとっては悩みの種となっていた。

「30歳を目前にしたときに、周りから『え?もう30歳になるの?』と言われた事がありました。外見が若く見られているという嬉しさがある反面、『それはどういう意味で言っているんだろう?』と気になったり……。もしかして年相応に歳を重ねていないのかな?と考えてしまった事もありました」と、振り返る。

「若い時に強い印象を与えた女性って、ある時期で年齢が止まっているように感じませんか?それが自分にも当てはまっているように思えた」と、世間からの印象とのギャップに戸惑いがあった。だからこそ30代に突入した際は「それまで歳を重ねる事に対して特別に意識をする事はなかったけれど、自分自身にも『もう大人なんですよ!』と言い聞かせながら、30代として相応しいお仕事と向き合っていきたい」と、自らに誓いをたてた。

「やると決めたら覚悟が決まる」

 人間誰しも「思う」事は出来るが「実行に移す」となると躊躇してしまう。優香の場合、「思う」と「実行」の2つを持ち合わせている。「冒険心がなくて、なんでも『怖い、怖い』と思う人」と自己評価する一方で、「一度やると決まったら、そこで覚悟が決まる。失敗してドンと沈む時もあるけれど、とことん悩みながら『ま、いいか、大丈夫!』と考えてしまえる楽観的な自分もいる。その繰り返し」と、どこか肝が据わっている。

舞台出演が大きな自信につながる

 その行動力の先にある新たな出会いも、優香を未知なる挑戦へと奮い立たせるカンフル剤だ。初舞台『酒と涙とジキルとハイド』は、優香にとって「特に好きなコメディ」と思い入れがある。その作品を演者として堪能したことで、大きな自信に繋がったという。

「最初は緊張したけれど、お客さんの反応や笑い声が嬉しくてテンションは上がるし、自分の糧にもなった」と、満面の笑み。「冒険心のない自分の背中を押してくれた作品。新しい事を始めるのは怖いけれど、一歩踏み出さないと何も出来ないし、変らない。弱気ではいられないと気付かされた」と、芯のある声を響かせる。

女優としての将来のビジョンを聞くと「明確な『これ!』というのはないけれど」と、言いながらも「今回の舞台のように『こんな優香、初めて見たよ!』と常に言われるような女優でありたいですし、色々な方々から『こういう優香っているんだね!』と驚かれるような仕事に巡り合っていきたい」と、新しい自分を発掘していこうとする姿を崩すことはない。天真爛漫な少女からの脱皮は、そろそろ完了しそうだ。
(取材・文/石井隼人)

引用元:THE PAGE

広告

優香(ゆうか)

yu
1980年6月27日、東京都生まれ。

4月15日発売のDVD「酒と涙とジキルとハイド 2枚組特別版」は、

ロバート・ルイス・スティーヴンソン原作の傑作小説を

三谷幸喜ならではの感性でアレンジした2014年公演舞台の

ソフト化したものです。

人間を善悪の二つの人格に分けることの出来る新薬を作り出したものの、

それがまったく効かない事を知ったジギル博士が、

起死回生の大芝居を打とうとする様を描いています。

酒と涙とジキルとハイド 2枚組特別版 [DVD]

新品価格
¥6,261から
(2015/3/22 18:26時点)


優香以外の出演者は、片岡愛之助、藤井隆など。

 

優香は『グラビアアイドル』がら

『タレント』として成功したいい例だと思います!

普通はグラビアアイドルがら歳をとって

どう「転身」するか難しいところですが

お茶の間に愛されながら上手に歳を積み重ねて

きたように思います!

MCやサブMC、紅一点、など色んな役割を

無難にこなして、そんなに出しゃばらない

男性、女性、どちらにも好かれている

『数少ないタレント』のように感じます!

これから『優香さん』が、どう活躍していくのか?

楽しみに見守っていきたいと思います!?


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ