2月25日は何の日?有野晋哉/北山たけし/越智 志帆/イエローキャブ破産申請!

フリー素材アイドル「MIKA☆RIKA」

 

2月25日生まれの有野晋哉(よゐこ)や北山たけし、

越智 志帆(Superfly)、イエローキャブが破産申請

についてまとめていきます。

 

2015年2月25日は先勝の日

2015年2月25日は先勝の日

なんですが、いったい何の日

なのか、まとめてみます。

 

夕刊紙の日

1969年のこの日、日本初の駅売り専門の夕刊紙『夕刊フジ』が創刊したことにちなみます。

 

広告

あの有名人・芸能人の誕生日だった?

2月25日は、あの有名人の誕生日でした。

どんな人物がいるのか、まとめていきましょう。

 

 有野晋哉(よゐこ)

arii

日本のお笑いタレント。

お笑いコンビよゐこのボケ担当。

相方は濱口優。

松竹芸能所属。

大阪府出身。

 

北山たけし

kitaya

本名は渡辺 毅(わたなべ たけし)。

演歌歌手。

北山は、北島三郎の北と山本譲二の山を取ったもの。

168cm、60kg。血液型はA型。

福岡県柳川市出身。

 

越智 志帆(Superfly)

otii

Superflyのボーカル。

多くの楽曲の作詞を担当。

身長153cm。血液型A型。

愛媛県立今治北高等学校卒。

松山東雲短期大学秘書科卒。

所属レーベルはWARNER MUSIC JAPAN。

所属事務所はタイスケ。

愛媛県今治市(旧朝倉村)出身。

 

広告

2015年2月25日水曜日のニュース

2015年2月25日はどんな、

出来事があったでしょう。

 

多くのグラビアアイドルを輩出した芸能プロダクション、イエローキャブが破産申請へ

sato koi

 (株)イエローキャブ(TDB企業コード983727073、資本金3000万円、東京都中央区日本橋蛎殻町1-20-8、代表松山弘志氏)は、1月末で事業を停止し、事後処理を井上昌治弁護士(東京都千代田区富士見1-6-1、弁護士法人マーキュリー・ジェネラル東京事務所、電話03-5215-8875)に一任、自己破産申請の準備に入った。

当社は、1980年(昭和55年)に野田義治氏と映画監督黒澤明氏の子息黒澤久雄氏が共同で創業、88年(昭和63年)2月に法人改組した芸能プロダクション。タレントの発掘・育成能力は業界内で評価され、以前は初代代表野田氏自身がメディアに積極的に登場していたことで知名度は高く、過去の所属タレントでは、堀江しのぶ、かとうれいこ、細川ふみえ、雛形あきこなどが活躍し、2004年1月期には年収入高約6億2100万円を計上していた。

しかし、2004年11月に野田氏が退任してからは多数の所属タレントが移籍し、以降は女優業が中心のタレント構成となっていたが、番組・映像制作部門の不振などから、厳しい運営を余儀なくされ、2014年1月期の年収入高は約2億200万円にとどまっていた。こうしたなか、1月末に主力の所属タレントである、佐藤江梨子・小池栄子との契約が満了となり、今回の事態となった。

負債は約4億円。

なお、当社と同住所に所在する(株)イエローキャブプラスは当社と資本関係はなく、現在も通常通り営業している。

引用元:帝国データバンク

 

スクープ!「巨乳事務所」イエローキャブが消滅 小池栄子は独立へ

katore hina

 一世を風靡したあの“巨乳軍団”の芸能プロダクションが、ついに消滅する。全盛期には巨乳タレントを多数擁し、グラビアだけではなくバラエティー界も席巻したあの「イエローキャブ」が、今月をもって事業をたたんでしまうことが明らかになった。

以前から経営危機がささやかれていたイエローキャブが、ついに芸能界から“退場”する。芸能プロ関係者は「すでに2月上旬に業務活動停止措置を済ませたと聞いている。今月をもって事務所をたたむことになりそうだ」と明かした。

同事務所の二枚看板だった小池栄子(34)は独立。結婚・妊娠が判明したばかりの佐藤江梨子(33)は今月から芸能プロダクション「ノックアウト」の所属タレントとなった。

イエローキャブの“象徴”であった野田義治氏(68=現サンズエンタテインメント会長)は本紙の取材に「つい最近、関係者を通じて会社をたたむことを聞いた。ただただ残念。寂しいね。もう少し頑張っても…という気持ちはあるけど、いまは残念という言葉に尽きますね」と述べた。

イエローキャブは1980年に映画界の巨匠・黒澤明監督の長男、久雄氏(69)が立ち上げた「黒澤プロモーション」が前身。88年、野田氏が社長に就任し、社名を「イエローキャブ」に変更すると、黒澤プロ時代からのタレント故堀江しのぶさん(享年23)に始まり、かとうれいこ(45)、細川ふみえ(43)や雛形あきこ(37)ら巨乳タレントを次々輩出した。

80年代後半から00年代前半にかけて、お茶の間で所属タレントを見ない日はないという状況だったが、04年に経営トラブルから野田氏が社長を辞任。イエローキャブと野田氏率いるサンズに分裂した。

引用元:東スポWeb

広告

巨乳ブームの立役者だった

(株)イエローキャブも

とうとう破産申請しました!

 野田義治さんが社長だったら・・・

と思うのは私だけでしょうか?

かとうれいこ、細川ふみえ、雛形あきこ

佐藤江梨子・小池栄子さんなど

今後も活躍して欲しいものです!


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ