2月13日は何の日?ヒロミ/南原清隆/有村架純/出川哲朗/テレビ番組違法動画!

フリー素材アイドル「MIKA☆RIKA」

 

2月13生まれのヒロミや南原清隆、有村架純、

出川哲朗、テレビ番組の違法動画が横行!!

についてまとめていきます。

 

 

 

2015年2月13日は赤口の日

2015年2月13日は赤口の日

なんですが、いったい何の日

なのか、まとめてみます。

 

苗字制定記念日/名字の日

1875年2月13日に、明治政府が平民苗字必称義務令という太政官布告を出し、すべての国民に姓を名乗ることを義務づけたことに由来しています。

 

 

 

あの有名人・芸能人の誕生日だった?

2月13日は、あの有名人の誕生日でした。

どんな人物がいるのか、まとめていきましょう。

広告

ヒロミ

hiromi

本名、小園 浩己(こぞの ひろみ)。

日本のお笑いタレント、司会者、ラジオパーソナリティ、実業家、トライアスロン競技者(トライアスリート)。

株式会社ビィーカンパニー代表取締役社長。

妻は歌手でタレントの松本伊代。

血液型A型。

プロダクション人力舎を経てビィーカンパニーに所属(マネジメント業務は田辺エージェンシーが担当した後、2008年からはプロダクションノータイトル)。

東京都八王子市出身。

 

南原清隆

nann

日本の男性お笑い芸人、俳優、落語家、

狂言師、司会者、スポーツキャスター。

 

有村架純

日本の女優、タレント。

FLaMme所属。

兵庫県伊丹市出身。

 

出川哲朗

dega

日本のお笑いタレント、俳優。

劇団SHA・LA・LAリーダー(座長)。

株式会社蔦金商店取締役。

愛称は哲ちゃん。

妻は元レースクイーンの阿部瑠理子。

大叔父は、三鬼隆。

曾祖父は三鬼鑑太郎。

母方の遠戚に原節子。

リアクション芸人の代表格。

マセキ芸能社所属。

神奈川県横浜市神奈川区出身。

 

広告

2015年2月13日金曜日のニュース

2015年2月13日はどんな、

出来事があったでしょう。

 

横行するテレビ番組の違法動画 無料の正規配信を拡大…いたちごっこ打破へ

 ■無料の正規配信も拡大

テレビ各局や業界団体が、インターネットで横行している番組の違法動画対策に本腰を入れ始めた。各局は違法配信とのいたちごっこに頭を悩ませているが、無料の正規配信を拡大することで、「海賊版」を減らす試みも広がってきた。(三品貴志)

◆CMで意識啓発

民放連は今月、違法配信の撲滅キャンペーンを始め、加盟各局は3月末まで啓発CMを放送している。

犯人「みんなに『神』って言われて、うれしくて」

刑事「でも、テレビ番組をアップロードしちゃダメだよな。それっていわば、窃盗と同じだよ」

犯人「でも、鼠小僧だって同じじゃないですか」

刑事「でも、鼠小僧はアップロードしないし」

俳優の遠藤憲一さん演じる刑事と、違法配信の犯人のやり取りには、どこかユーモアも漂う。CMは同じ設定で数種類が制作され、民放連サイトで今後、公開予定のロングバージョンでは、遠藤さんのアドリブも楽しめる。

CMは、ドラマプロデューサーとして活躍したフジテレビの亀山千広社長(民放連知財委員長)と大多亮常務(同知財委員会コンテンツ特別部会長)が初めて“共作”。21日に東京都内で開かれた記者会見で、遠藤さんは「番組は制作側が練りに練って作ったもの。ルールは必要で、簡単にネットに出さないでほしい」と呼び掛けた。

◆削除要請を外注

テレビ番組は、例えばドラマの場合、原作者、脚本家、出演者、作曲家…と数多くの関係者が参加した「権利の束」(民放連の井上弘会長)といえる。お笑い、音楽番組の一部を切り取って違法配信されるケースも多く、民放連などによると、違法配信による被害額は累計480億円に上るとの試算もある。

テレビ各局はこれまでも、プロバイダー(ネット接続業者)やサイト管理者に違法動画の削除を要請してきたが、フジの亀山社長は「次から次へ新しいものがアップされ、いたちごっこ状態」と語り、意識啓発の必要性を強調する。

これに対し、BS・CS放送各社でつくる衛星放送協会は今月から、削除要請の方法自体を試験的に外注。協会に加盟する24社26チャンネルの番組を対象に、外部のネット監視会社に動画の削除要請などを委託している。

協会の調査では、加盟社の3分の1が恒常的に違法配信被害に遭っているといい、協会は「各社で違法アップロードを取り締まり、削除要請を行っていくには限界がある」として、各社の負担軽減を図る狙いを説明。3月中旬まで外部委託を実施したうえで、今後の対策をさらに検討するという。

◆正規品へ誘導を

一方、在京キー局を中心に広がっているネットでの「無料見逃し配信」にも、違法動画対策の側面があるようだ。現在、日本テレビ、TBSテレビ、フジテレビの3社が、一部の番組をテレビ放送後、ネットの自社サイトなどで期間を限定して無料配信している。フジの亀山社長は「正規品へ誘導することで、違法アップロードを減らすのも目的」と期待する。

無料見逃し配信をめぐっては、各局の取り組みと並行して、民放連で在京キー局5社が共通した枠組み作りを協議している。早ければ今年中に試験サービスを始める予定だ。

番組のネット配信は著作物の「二次利用」に当たり、権利処理やスポンサーとの調整などが課題になっている。民放連の井上会長は「各局がまとまってやればインパクトも大きく、(配信に当たっての出演者ら権利者との)著作権交渉やビジネス面でも有利になる」と説明している。

引用元:産経新聞

広告

著作権をめぐっては、色々意見があるようですが、

はっきりと『法整備』をできるだけ早くに

してもらいたいものです。

 

どこまでが良くて、どこまでがダメなのか?

分かり易い決着を望みます・・・?

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ