12月3日は何の日?入山 杏奈(AKB48)、お通夜、葬儀・告別式

141017_Mika_Rika3471

フリー素材アイドル「MIKA☆RIKA」

 

 

12月3日生まれの入山 杏奈(AKB48)や

はお通夜、葬儀・告別式

についてまとめていきます。    

2014年12月3日は先負の日

2014年12月3日は先負の日 なんですが、いったい何の日 なのか、まとめてみます。

 

国際障害者デー

1982年のこの日に「障害者に関する世界行動計画」が国連総会で採択されたことを記念して1992年の国連総会で制定された国際デーのひとつ。

 

カレンダーの日

太陽暦採用に伴って明治5年12月3日(旧暦)が明治6年(1873年)1月1日となったことに由来し、全国団扇扇子カレンダー協議会が1987年に制定しました。

 

奇術の日

奇術を行う際の掛け声「ワン、ツー、スリー」にちなんで日本奇術協会が1990年に制定しました。

 

妻の日

1年間の妻の労をねぎらう日。1年の最後の月である12月と、感謝を表す「サン(3)クス(Thanks)」の語呂合わせに由来しています。1995年に凸版印刷が制定しました。

あの有名人・芸能人の誕生日だった?

12月3日は、あの有名人の誕生日でした。

どんな人物がいるのか、まとめていきましょう。

 

入山 杏奈

thHUPB3IAQ

日本のアイドル

女性アイドルグループAKB48チームAのメンバー

太田プロダクション所属

千葉県出身

 

2014年5月25日、岩手県滝沢市の岩手産業文化センターで開催された握手会で、刃物を持った暴漢に襲われ、右手の指の裂傷と骨折、頭部の裂傷のけがを負いました。この事件では川栄とスタッフ1名も負傷しました。

広告

2014年12月3日水曜日のニュース

2014年12月3日はお通夜、葬儀・告別式についてまとめていきます。

 

亡くなってからお通夜、葬儀までの流れ

死亡してからのおおまかな流れをまとめます。

 

[死亡宣告から葬儀・告別式を終えて火葬まで]

〜死亡宣告〜死亡届〜お通夜〜葬儀・告別式〜火葬〜還骨法要

 

お通夜、葬儀・告別式

ここでは、お通夜、葬儀・告別式までの段取りを書いていきます。

 

死亡してからの日程

亡くなってから24時間が経過するまでは火葬をすることは認められていません。

 

六曜を確認する

友引は縁起が悪いから葬儀を行わないという俗説や「友を引く」「道ずれにする」等の意味とは違い迷信にすぎないんですけど、避ける人が多いです。

また実際には火葬場が友引に休みのところが多いので、葬儀は行いません。但し通夜は友引でも行います。

 

火葬場の予約状況を確認する

葬儀社に頼んで火葬場の予約状況を確認します

 

死亡してから葬儀までの日程

  • 1日目(死亡当日)・納棺
  • 2日目(翌日)・・・通夜
  • 3日目(翌々日)・・葬儀・告別式・火葬(初七日の法要までこの日に行う家も多い)

広告

葬儀の流れ(葬儀の手順)

死亡の確認と死亡診断書の作成

医師により

「死亡診断書」が作成されます。(死亡診断書は退院手続きのときに受取る場合が多いです。)

  • 家族や親族および、本人の職場や学校に知らせます。
  • 故人の友人のうち、ごく親しい人にも知らせます。
  • 他の人は、お通夜や葬儀の日程が決まってから知らせます。

 

遺族で相談をする

決めなくてはいけないことを遺族で相談して決めましょう

 

まずは喪主を決める

一般的には配偶者、または長男などが執り行います。

 

遺体の搬送先(病院で亡くなった場合には、遺体の搬送先を決める。)

病院から遺体を搬送する先はどこにするか?自宅、斎場など

 

葬儀の依頼先(葬儀社を決める。)

葬儀社に依頼する場合は、どの葬儀社にするかを決める。葬儀を斎場で行なう場合は、斎場を保有する葬儀社に依頼する。

 

 お通夜や葬儀の日程は 葬儀社や寺と相談してから決めることになる

 

寺への連絡

菩提寺または、近くにある菩提寺と同じ宗派の寺。菩提寺がわからない場合は葬儀社に依頼すればすべて手配をしてくれます

遺影

故人の人柄が伝わるような写真、ピントが合った写真を選びます。葬儀社に依頼して背景や服装は画像処理をしてもらうことができます

予算

香典収入を概算し、予算をたてます

その他

葬儀社に見積を取り、相談に乗ってもらうこともあります。

広告

葬儀社に連絡する

遺体の搬送を病院に依頼します(搬送は葬儀社が行なう場合が多い)。

葬儀社には故人の氏名、病院名、遺体の搬送先などを知らせます。

 

搬送日時を確認します。

葬儀全般を葬儀社に依頼する場合には見積を取ります。

(見積りと予算との比較、葬儀料金に何と何と何が含まれているかを確認します)

 

退院手続きをする

死亡診断書を受取ります。
(市役所・区役所などに提出するほか、生命保険の手続きにも必要になります。あらかじめ必要な枚数を確認しておきましょう。なお、市区町村役場への届け出の際は届け出者の印鑑が必要です。市区町村役場に届け出をすると、火葬許可証および埋葬許可証を受取ることができます。)

病院へのお礼と精算を行ないます。

 

遺体の安置場所を確保し、布団を用意する

自宅の場合、遺体を安置する場所を片付け、布団を用意しておく。
(仏壇があるお宅の場合は仏壇の前に。無い場合は座敷に布団を用意します。
ご遺体の向きは 北枕または西枕と言われていますが、住宅事情により難しい場合には故人に失礼が無いようにしつらえてください。)

 

遺体の搬送、受け入れを行なう

枕飾りなどは、葬儀社がやってくれます。

神棚があるお宅では、神棚の戸を閉め、半紙などを貼る。
(「神棚封じ」と言って、死の穢れが神棚に入り込まないようにします)。

 

寺に連絡をする

寺に電話をする。
故人の名前、死亡時間、享年、生年月日などを伝え、まずは枕経を依頼する。
・枕経の依頼→時間を決める
・枕経に来て頂いた際に、お通夜、葬儀、初七日の法要の打合せをする。

(宗派を告げ、葬儀社に寺を紹介してもらう場合もあります。葬儀社に頼むと、葬儀日程なども寺と段取り打ち合わせをしてくれます。)

枕経に備え、数珠を用意しておきます。

 

枕経

僧侶により枕経をあげて頂きます。遺族は地味な平服で構いません。数珠を用意します。

※枕経(=まくらきょう、まくらぎょう)とは、故人が安らかにあの世へと旅立つことができるように枕元で読経をすることです。浄土宗、真言宗など、仏教の各宗派で行なわれます(宗派によっては行なわない宗派もあります)。浄土宗には「発願文」という枕経のための言葉があります。

お通夜、葬儀、初七日の法要の打合せをする。
(それぞれの日程と、その後の会食にも出ていただけるかどうかの確認。
火葬場に行っていただけるかどうかの確認をする。)

戒名についての打合せをする。
(戒名について特に希望があれば伝えます。 )

お通夜および葬儀日程について
暦が「友引」の日は葬儀を行ないません。(葬儀日程などは寺、斎場、火葬場などの空きを確認し、調整する必要があるので葬儀社に段取りをお願いするケースが多いです。)

 

納棺

遺体を浄め死装束をつけます。

お棺に一緒に入れたいものがあれば棺におさめます。

 

故人の友人、知人、職場、学校など、連絡先をピックアップする

故人のおつき合いを考え、どの範囲まで連絡をするのかを決める

 

友人、知人、職場、学校、ご近所などに、お通夜と葬儀日程の連絡をする

葬儀の場所と日程が決定してから連絡します。

弔辞をお願いしたい方には依頼をします。

葬儀の役割分担を決めます。

受付係、接待係、駐車場係など

 

喪服の用意をする

お通夜、お葬式、葬儀の服装

 

供花、供物、宿泊先の手配

御供えする供物、供花の手配をします。葬儀社に依頼しても構いません。

遠方から来る親族や故人の友人などがいれば、宿泊先も確保しておきます。

 

精進おとしの内容を決める

精進おとしの内容を決め、料理をふるまう人数を決めます。

料理を手配します。(僧侶も引出物、料理の人数に入れます。)

 

火葬場までの車の手配を葬儀社に依頼する

お通夜の僧侶へのお布施を用意しておきます。

 

死亡届

市町村役場に「死亡診断書」を持参し、役場で「死亡届」の用紙を受取ります。
(死亡診断書と死亡届が同じ一枚の用紙に記載できる形式になっているものもあります。)

「死亡届」の 内容を記載します。

死亡届は死亡後7日以内に市町村役場に提出します。(受付は24時間、年中無休)

死亡届が受理されると市町村役場から「火葬許可証」が交付されます。(埋葬許可証が同時交付されるケースもあります)。

受理されないと火葬ができないため、葬儀、告別式、火葬の日程を考えると、死亡届はできれば翌日くらいには提出したいところです。

 

準備完了

これでやっと、お通夜、葬儀・告別式に入っていきます。

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ