12月20日は何の日?ユニクロの敗訴確定!過酷労働/記事!木下有希子

141018__0711

フリー素材アイドル「MIKA☆RIKA」

 

12月20日生まれの木下有希子や

ユニクロの敗訴確定!「過酷労働」記事!

についてまとめていきます。

 

 

フリー素材アイドル「MIKA☆RIKA」

[ライブ・イベント]2014年12月20日

東京タワーTVライブ @東京タワー大展望台club333

19:00開演

 

交フェス @クラブチッタ川崎

14:00開場 / 15:00開演

 

2014年12月20日は友引の日

2014年12月20日は友引の日

なんですが、いったい何の日

なのか、まとめてみます。

 

霧笛記念日

1879年のこの日、尻屋埼灯台(青森県東通村)に蒸気式霧笛が採用されたことを記念して制定しました。

 

デパート開業の日

1904年のこの日、東京・日本橋の三井呉服店が三越呉服店と改称して、日本初のデパート式の営業を開始しました。

広告

あの有名人・芸能人の誕生日だった?

12月20日は、あの有名人の誕生日でした。

どんな人物がいるのか、まとめていきましょう。

 

木下有希子

th3EGTXSE2

日本のアイドル

女性アイドルグループSKE48チームKIIの元メンバー

AKS所属

愛知県出身

 

広告

2014年12月20日土曜日のニュース

2014年12月20日はどんな、

出来事があったでしょう。

 

ユニクロの敗訴確定!「過酷労働」記事!

カジュアル衣料品店「ユニクロ」の店長らは過酷な労働環境にあると本で書かれ名誉を傷つけられたとして、「ユニクロ」側が発行元の文芸春秋に出版差し止めや損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(大橋正春裁判長)は12月9日付で、「ユニクロ」側の上告を受理しない決定をしました。「重要部分は真実と認められる」などとして訴えを退けた一、二審判決が確定しました。

一、二審判決によると、問題となったのは2011年出版の「ユニクロ帝国の光と影」などで、「ユニクロ」の店長について、サービス残業で労働時間は月300時間を超え、会社側も黙認していると指摘しました。

 

ユニクロ帝国の光と影 (文春文庫)

新品価格
¥691から
(2014/12/11 08:47時点)


過酷労働

「ユニクロ」の訴訟でも問題となった

過酷労働についてまとめます。

 

供給過多

供給に対して需要が多いの場合は、より多く労働した分が利益になり、それが社員にボーナスや昇給という形で還元できました。

ところが今は供給過多のデフレ状態です。

デフレ状態でサービス残業などを行う会社ではなにが起こっているかというと、「足りない」利益を労働量で補うという逆のことが起きています。

労働量を価格などに置き換えた場合で、それがサービス残業が含まれていれば働けば働くほど労働者の価値が下がります。それは労働者側からみれば会社へ奉仕しているだけの構造になり給料や賞与に跳ね返らなければ、ただ単に労働者が損をする仕組みになります。

広告

滅私奉公

過去、日本の仕事は過酷で滅私奉公しないとやってけない風潮がありましたが、高度経済成長期は労働が過酷なぶん月給も年に1万ずつ上がるのが当たり前だったように労働者に少しは還元する時代でしたが、終身雇用が崩れる前だったので誰もが文句も言わずに耐えていました。

現在、その感覚で社員を酷使するけど月給は安いままみたいな奴隷制度みたくしたのが今のブラック企業と呼ばれる会社です。

これを知りながら会社が故意に行うということは、一会社だけの問題ではなく社会経済全体を破壊する社会悪になっていくのです。

 

ブラック企業

ブラック企業は、そこで働く人だけの問題ではなく社会がかかえる「社会悪」に結びつき「国民の豊かな生活を脅かす」社会全体の問題になってきます!

 

皆さんの労働条件はどうですか・・・?

 

 

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ