11月9日は何の日石田えり/21世紀最大の謎PPAP大流行の秘密をひも解く

11月9

換気の日・119番の日・太陽暦採用記念日

11月9日のイベントやこの日生まれた

石田えり、えなりかずき、村田綾、

21世紀最大の謎? 「一体、何が面白いのか」

PPAP大流行の秘密をひも解く

についてまとめていきます。

 

あの有名人・芸能人の誕生日だった?

11月9日は、あの有名人の誕生日でした。

どんな人物がいるのか、まとめていきましょう。

 

石田えり

erii

プロフィールは コチラ

 

えなりかずき

enari

プロフィールは コチラ

 

村田綾

murata

プロフィールは コチラ

 

広告

2016年11月9日水曜日のニュース

2016年11月9日はどんな、

出来事を取り上げましょうか?

気になるニュースをピックアップします!

 

21世紀最大の謎? 「一体、何が面白いのか」PPAP大流行の秘密をひも解く

pikop

「PPAP」の大ブームによって今、多くの日本人が、世界が、そして当のピコ太郎が困惑していることでしょう。この状況に対して、様々な専門家による作品の解説や、解説不可能という解説が出回り始めています。そして、「一体、何が面白いのだろうか」という問いに結局答えられずにいます。なぜこのような不可思議な状況に陥ってしまっているのでしょうか? 東京藝術大学音楽環境創造科出身で、コンテンツマーケティングなどの領域に関わるPRプランナーが考察します。

ビルボード入りに注目すると本質を見誤る

まず、多くの人がPPAPのオリジナル動画やピコ太郎に焦点を当てていること自体が問題の根底にあると考えられます。YouTubeのランキングで日本人初の1位、10月19日付の米ビルボード総合チャートに77位でランクインという目に見える業績を得たことで日本のマスメディアからも注目され、一躍注目の的となったピコ太郎ですが、この業績に対してなぜ「PPAP」が受けたのかと問うてしまうことに、歪みが生じているのです。

そもそも、「PPAP」を一つの自律した作品としてではなく、WEB上で発生した「現象」と捉え直すところから考えたいと思います。先に結論としての定義をするならば、「PPAP」とは、ピコ太郎が作成した動画をモチーフにしたWEB上の二次創作の総体による現象を指し示す概念であり、ピコ太郎及びその動画は二次創作のための元ネタ、あるいはその参照動画でしかなく、ピコ太郎に対して世界が夢中になっているわけではないことを改めて認識する必要があります。これによって、なぜピコ太郎が人気を得たのかという問いに対して、そもそもピコ太郎が主体的に人気を得ているわけではない、という回答を出すことができ、その困惑を回避することができます。

主役はピコ太郎ではなく「匿名的な彼ら」

確かに、ピコ太郎によるPPAPの動画はYouTubeのランキングで1位を獲得しましたし、一部の人にとっては妙にクセになる、頭から離れないなどの印象を与えているようですが、この動画を見ることにPPAPの醍醐味があるわけではありません。むしろ、インド人のダンスバージョン(再生回数200万回以上、複数動画の総数、2016年11月4日時点)が面白すぎる、ドイツ人のバラードバージョン(再生回数300万回以上、2016年11月4日時点)のクオリティがすごい、シュールであるなどの反応の方が「面白い」、「良い」という点がより明確に見えています。

後発ではありますが、映画『デスノート』のプロモーションとして発表された「死神リューク」とのコラボ動画は公開からわずか2日で再生回数600万回を超えており(2016年11月4日時点)、これに対してもYouTube上のコメントやツイッター上でかなりの盛況ぶりを見せています。

さらには、ツイッター上で「要するにこういうことでしょ?」というイラスト、あるいは全く違う素材をはめ込んだパロディ的イラスト、など動画以外の手法で表現している人もいます。これらの二次創作の再生回数やシェア、リツイート数で考えると、「PPAP」という現象の総体はピコ太郎の再生回数をはるかに凌駕しており、その主役はやはりピコ太郎ではなく「匿名的な彼ら」というべきでしょう。
再表象の自由度を高めた視覚的要素の排除

一方で、やはり元ネタの仕掛け人はピコ太郎であることも事実であり、なぜこれほど二次創作がウイルス的に蔓延したのか、という点は留意すべきです。すでに多くの専門家が分析しているように、シンプルでキャッチーな単語による歌詞とサウンド、振り付けが多くの人たちの二次創作欲求を掻き立てたことは間違いないでしょう。

さらに踏み込むとすれば、元ネタ動画にペンもアッポーもパイナッポーも具体的な素材を使用しなかったことが、二次創作時における再表象の自由度を高めたと考えられます。元ネタ動画において中途半端に視覚的要素を入れた場合、それこそ中途半端にその動画で完結してしまい、ただの意味不明なつまらない動画で終わってしまったかもしれません。

しかし、ピコ太郎のダンス以外は一切の視覚的要素を排除していたことで、「結局ペンパイナッポーアッポーペンって何なんだ?」という疑問を視聴者に与え、再表象の余地を与えることに成功した、と言っても過言ではないでしょう。

情報消費の基本的な枠組みに変化あり

また、現代の若者たちにとってのコミュニケーション方法の変化、音楽や動画などのコンテンツ需要のあり方の変化、という点も見過ごせません。スマートフォンが若者にとっても当たり前のツールとして普及したこと、そしてデバイス機能の進化によって若者の間で行なわれているコミュニケーションが大きく変化していることは、意外と注目されていません。最新のiPhoneやスマートフォンではかつてのコンパクトデジタルカメラに劣らないほどの画質で撮影が可能であり、編集アプリを用いて簡単に自作の静止画や動画を作成することができるようになりました。

これによって、日々のコミュニケーションにおいて簡単な編集動画や静止画、イラストを友人に送る、またはタイムラインにシェアすることは今の若者にとってはごく普通の行動になっています。SNSやメッセンジャーアプリがよくメディアでも話題に上がりますが、それはあくまでコミュニケーションの場でしかなく、そこで交わされている内容にこそ大きな変化があり、今回のPPAPの下地となっているのです。

さらに、このようなコミュニケーションを前提とした時代においては、かつてのように音楽や動画を視聴、鑑賞するだけではその消費は成立しません。彼らが自らアレンジし、友人間あるいはWEB上で広く公開された場でシェアする段階までが消費の基本的な枠組みとなっているのです。

古いコンテンツ産業の価値観からの脱却

この枠組みを基本に考えた時に、そもそもピコ太郎の作品としてのPPAPがビルボードにランクインし、ピコ太郎に注目するということが、古いコンテンツ産業の価値観で捉えられたものであり、実際に起きている流行現象と乖離しているという点を指摘することができます。また、ジャスティン・ビーバーがツイッター上でシェアしたことは、確かに世界規模での話題性喚起に一定の影響を及ぼしたとは思いますが、現象全体で考えた際には一つの宣伝材料になった程度であり、「PPAP」現象の構造自体への影響度はさほど高いとは言えないでしょう。

もちろん、いかに視点がずれているとはいえ、ビルボードにランクインすることやYouTubeの再生回数で1位になることは決して容易ではありませんし、ピコ太郎とその元ネタ動画を完全に否定することもできません。しかし、丁寧に「PPAP」という現象を捉えるならば、このような視点で認識する必要もあるのではないでしょうか。

稼農 慧(かのう・けい)

出典:THE PAGE

ピコ太郎さんの「PPAP」話題が尽きないですね!

 

どうして「PPAP」が大ブームになっているのか?

 

誰も説明がつかないようです!

 

いろいろ「こじつけて」説明していますが

どれも的を得ていないようですね!

 

でもピコ太郎さんの「PPAP」が

世界的に大ブームになっているのは

間違いのないことですから

 

これからもピコ太郎さんの活躍を期待しています!

 

2016年11月9日は先勝の日

2016年11月9日先勝の日

なんですが、いったい何の日

なのか、まとめてみます。

 

換気の日

由来は コチラ

 

119番の日

由来は コチラ

 

太陽暦採用記念日

由来は コチラ

 

広告

2016年11月9日北海道のイベント情報

11月9日は北海道で

どんなイベントが行われるのか

いくつかピックアップして

まとめていきます。

 

深川どんぶり大作戦2016!~深川産米消費拡大企画~

深川市 6/25~11/27 10:00~23:00 

※各参加店により営業時間が異なります。

深川市内各店にて実施

(ラリーちらし設置場所:道の駅ライスランドふかがわ他)

今年で3年目を迎える「深川どんぶり大作戦!2016」を

6月25日(土曜日)から11月27日(日曜日)までの

期間限定で開催します! 

深川どんぶり大作戦では、昔から地元で愛されてきた

ご当店メニューやこの企画の為に考案された

オリジナルどんぶりを提供します。

また、期間中は食べれば食べるほど賞品レベルが上がる

「深川どんぶりラリー」も開催します!

スタンプを集めて新米ふっくりんこ1年分をGETしましょう!


 

広告

昨年、2015年11月9日はどんな日だった?

2015年11月9日

いったいどんな出来事があって

どんな日だったでしょう?

 

あなたは覚えていますか?

一年前の事、中々思い出せないですよね?

 

去年の今日、どんな日だったのか?

たまには思い出してみましょうか?


今日は何の日? 2015年11月9日

2015年11月9日

11月9日のイベントやこの日生まれた

石田えり、えなりかずき、村田綾、

観月ありさ 青山光司氏とラブラブ帰国 

左手薬指に指輪「子供2人欲しい」

でした。

 

2015年11月9日 続きを読む


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ