11月2日は何の日?エボラ出血熱、有名人の誕生日、AI、深田恭子

 

thIBNF0FRL  thF471IX7D

 

11月2日生まれは、AI、深田 恭子

ニュースは今注目のエボラ出血熱

についてまとめていきます。

 

 

2014年11月2日は赤口の日

2014年11月2日は赤口の日

なんですが、いったい何の日

なのか、まとめてみます。

 

キッチン・バスの日(家庭文化の日)

キッチン・バス工業会が制定。11月3日の文化の日の前日であることと、Kitchen-BathのK・Bがアルファベットの11番目・2番目でもあることから。

 

阪神タイガース記念日

1985年のこの日、プロ野球の日本シリーズで阪神タイガースが西武ライオンズを破り、38年ぶり、2リーグ化後では初の日本一になったことを記念。

広告

あの有名人・芸能人の誕生日だった?

11月2日は、あの有名人の誕生日でした。

どんな人物がいるのか、まとめていきましょう。

 

 

 AI

thNW8VOX0H

AI(あい、1981年11月2日 )は、日本の歌手、ソングライター。本名:植村 愛 Carina(うえむら あい カリーナ)。アメリカ合衆国生まれ、鹿児島県育ち。所属レコード会社はユニバーサル ミュージック。

 

 

 

 深田恭子

fukada

深田 恭子(ふかだ きょうこ、1982年11月2日  )は、日本の女優、歌手、タレント。本名同じ。愛称は、深キョン、きょーこりん。

東京都出身。ホリプロ所属。

広告

2014年11月2日日曜日のニュース

2014年11月2日は今注目のエボラ出血熱

についてまとめていきます。

 

 

エボラ出血熱

ebora (エボラウイルス)

 

エボラ出血熱とは

エボラウイルスによる感染症のことを

エボラ出血熱またはエボラウイルス病といいます。

 

感染症ってなに

感染症とは、ウイルスや細菌などの病原体が

体内に侵入することで引き起こす疾患てす。

 

潜伏期間はどれくらい

2~21日(通常は7~10日)

 

どんな症状なの

突然の発熱、頭痛、筋肉痛、咽頭痛、倦怠感、などの症状が現れ、

その後、嘔吐、下痢、出血(吐血、下血)、胸部痛などの症状が現れます

 

ワクチンや治療法はあるの

ワクチンや治療法はないので、患者の症状に応じた治療(対症療法)を行うことになります

 

名前の由来は

「エボラ」(仏: Ebola/Ébola)の名は、発病者が出た地域に流れるエボラ川から命名されました。

 

致死率は

50 – 90%と非常に高いです。

 

感染経路は

死亡した患者の会葬の際や患者の血液や体液に触れたことにより感染するケースが多い。

基本的に空気感染はしません。患者の隔離に関する措置が十分に行われていれば、感染することはありません。

WHO(世界保健機関)は、流行地でエボラ出血熱に感染するリスクが高い人々を患者の家族・近親者、 医療従事者、埋葬時の儀式の一環として遺体に直接触れる参列者としています。

 

広告

日本でエボラ出血熱の患者がでた場合は

エボラ出血熱は、一類感染症に指定されているので感染した疑いのある人について医療機関等から連絡があった場合は、国立感染症研究所で迅速に検査を行い、感染の有無を確認する体制が整備されています。

検査の結果、感染していることが明らかになれば、患者は感染症指定医療機関に移送され、感染防御対策の施された病室において適切な医療が公費により提供されることになります。

受け入れ病院は2014年4月1日現在、特定感染症指定医療機関及び第一種感染症指定医療機関でのみ受け入れ可能となっています。

 

特定感染症指定医療機関は3医療機関8床 (平成26年7月1日現在)

 

成田赤十字病院 2床 (千葉県)

独立行政法人国立国際医療研究センター病院 4床 (東京都)

りんくう総合医療センター 2床 (大阪府)

 

第一種感染症指定医療機関は44医療機関84床

厚生労働省ホームページ

 

 

感染症法における取り扱い(2014年8月現在)

全数報告対象(1類感染症)であり、診断した医師は直ちに最寄りの保健所に届け出なければならない。
届出基準はこちら

(国立感染症研究所 ウイルス第一部/感染症疫学センター)

 

学校保健安全法における取り扱い(2014年8月現在)

第1種の感染症に定められており、治癒するまで出席停止とされている。
また、以下の場合も出席停止期間となる。
・患者のある家に居住する者又はかかっている疑いがある者については、予防処置の施行その他の事情により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで。
・発生した地域から通学する者については、その発生状況により必要と認めたとき、学校医の意見を聞いて適当と認める期間
・流行地を旅行した者については、その状況により必要と認めたとき、学校医の意見を聞いて適当と認める期間

(国立感染症研究所 ウイルス第一部/感染症疫学センター)

 

余談

アメリカでは患者のペットの犬は、エボラ出血熱を発症しないがエボラウイルスに感染する可能性を否定できないためにすべて安楽死が行われているそうだ・・・。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ