11月16日は何の日?リサイクル/エコ/大掃除/K/幼稚園記念日

 

 

 

11月16日生まれの関根麻里さんと結婚した「K」さんや

「リサイクルショップ」や「エコ」、大掃除

についてまとめていきます。

 

 

2014年11月16日は友引の日

2014年11月16日は友引の日

なんですが、いったい何の日

なのか、まとめてみます。

 

国際寛容デー

1995年のこの日、ユネスコ総会で「寛容原則宣言」と「国連寛容年のためのフォローアップ計画」が採択されたことを記念して。1996年12月の国連総会で制定された国際デーの一つです。

 

幼稚園記念日

1876年11月16日、東京・神田に日本初の官立幼稚園である東京女子師範学校附属幼稚園(現在のお茶の水女子大学附属幼稚園)が開園したことに由来しています。

 

いいいろ塗装の日

「いい(11)いろ(16)」の語呂合せで、日本塗装工業会が1998年に制定しました。

広告

あの有名人・芸能人の誕生日だった?

11月16日は、あの有名人の誕生日でした。

どんな人物がいるのか、まとめていきましょう。

 

K (歌手)

thARX95E0E

本名:カン・ユンソン(강윤성/姜潤成)

日本在住の韓国人男性歌手。

韓国・ソウル出身のJ-POPシンガーソングライター。

レコード会社はソニー・ミュージックレコーズ所属。

所属事務所はスターダストプロモーション。

thV44BPLOT 20110119_sekine_011

妻はタレントの関根麻里。義父はタレントの関根勤。

 

「K」さんの 動画は コチラ

 

関根勤さんと麻里さん親子は本当に仲のいい親子ですよね!

「理想の親子像」に思えます。これからは「K」さんも含めて「家族仲良く」暮らして下さい。

広告

2014年11月16日日曜日のニュース

2014年11月16日のニュースは大掃除の季節到来です!

リサイクルでエコにお得に大掃除はいかがですか?

ということで「リサイクル」をとりあげます!!

 

 

リサイクル

リサイクルとは再循環のことをいい、製品化された物を再資源化して、新たな製品の原料として利用することです。

  • 資源再生
  • 再資源化
  • 再生利用
  • 再生資源化

とも呼ばれます。

今日は、「大掃除」で出た普段全く使わないもの(ゴミとはちょっと違う!)をリサイクルショップ(質屋など)に持っていって、お得に大掃除をしてみょうということです。

 

大掃除

年末(大抵は12月28日)に、徹底的に行う掃除を大掃除(おおそうじ)と言います。一年分の汚れを除去して、新たな年に歳神を迎える準備をして、新年を新たな心持ちで始められるようにするために行います。

学校行事で学期末などに一斉に行う掃除も大掃除と呼ばれます。

住宅街などでも大晦日前の家族総出の大掃除は見られなくなりました。掃除用具の高機能化によって日頃から多くの場所を掃除できるようになったため大掃除をしない家庭も増えてきました。

普段から常に掃除して、汚れをすぐに綺麗にしておけば大晦日前に慌てて掃除をする必要はないという考えによるものです。

変わった所では、暖かい方が汚れが落ちやすいことと、外出してもどこも混雑すると思われることから、ゴールデンウィークに大掃除を行う家庭も多くなってきました。

 

 

リサイクルショップ

古物商の一種で一般消費者から委託されたり買い上げたりした品物を販売する店

主に家電や衣類などを取り扱っています。

質屋さんの「何か暗~い」イメージとは違い、気軽に買い取ってもらったり、買い物に行ったり出来る「明るい」イメージがあります。

 

広告

質屋

担保を取って資金を貸付ける金融機関のことをいいます。

質屋のもつ基本的な魅力は、よそでは担保になりにくい身の回り品を担保にして、手軽にお金を借入れることができて、借金を更新することで担保品を手放さずにすむことです。

 

資格

日本ではリサイクルショップを開業する場合、古物営業法によって店舗がある都道府県公安委員会(窓口は警察署)の許可が必要となる。(古物商)

 

エピソード

キャバクラなどで働く女性が「お客さん」から「ブランド品のバック」や「ブランド品の時計」などをプレゼントとして貰い、全く同じ物を「何人か」に催促してプレゼントしてもらい、一つを残して「質屋」か「リサイクルショップ」で換金してしまう。「お客さん達」にはそのお客さん本人から貰った物だと身に着けて相手を喜ばせます。

さすがですね!!

お金をあからさまに催促するのではなく、プレゼントされた物をお金にする方法を上手いこと考えましたね、なかには包装紙に包まれたまま開封もされないでお店に持ち込む「猛者」もいるようです。

 

 

 

今の時代

昔は中古品は、嫌がられていましたが中古品に対する抵抗が今はフリーマーケットに代表されるように薄れてきていますので、今の時代は使わないものを賢くリサイクルショップに持ち込んでお金に替えてお得に生活するのでしょうね。

話はちょっと変わりますが、「ユニクロ」が躍進した背景には少し前までは一つのブランド品の洋服(高価なもの)を大事に着ていましたが、今は安価な洋服をどう着こなすか?に重点が置かれてオリジナリティをどうだすか!という流れになってきたことにも一因があるようです。

 

 

エコ

環境問題対策としては、いらないものをゴミとして処分しないで「リサイクルショップ」に持ち込むことで、リサイクルとして再利用出来れば「エコ」になるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

なんでも物を捨ててしまわないで「リサイクル」することは、物の「有効活用」ということでは素晴らしいことだと思います。ゴミとして処分するのは簡単なことですが環境問題なども考えて「使わない人から使う人へ」という単純な「リサイクル」が見直されてきている「日本の世の中」・・・「まんざらでもないですね!!!」

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ