11月13日は何の日?SMAP/キムタク/ノンアルコールビール/NO飲酒運転

 

th840B3ZOZ

 

11月13日生まれのSMAPの木村拓哉さんと

年末に向けて飲む機会が多くなるので

運転手のためのノンアルコールビール

についてまとめていきます。

 

 

2014年11月13日は大安の日

2014年11月13日は大安の日

なんですが、いったい何の日

なのか、まとめてみます。

 

 

うるしの日

平安時代に文徳天皇の第一皇子・惟喬親王が京都の法輪寺に参詣した時に「うるしの製法」や「漆器の製法」を虚空蔵菩薩から伝授されたという伝説から、その満願の日である11月13日を「うるしの日」に制定した。

 

茨城県民の日

明治4年旧暦11月13日(1871年12月24日)、廃藩置県によって茨城県の名称が初めて使われたことに由来し、茨城県が1968年(明治100年にあたる)に制定。

広告

あの有名人・芸能人の誕生日だった?

11月13日は、あの有名人の誕生日でした。

どんな人物がいるのか、まとめていきましょう。

 

木村拓哉

thKJ0T3WQP

日本の俳優、歌手、タレント

男性アイドルグループ・SMAPのメンバーである。

愛称 「キムタク」

ジャニーズ事務所所属。

東京都出身。

 

平成の視聴率男ですよね「月9」のドラマではいつも楽しく見させてもらってます。「SMAP×SMAP」も5人のメンバーの個性を上手く引き出して素晴らしい番組だと毎週楽しみにしています。

SMAPはジャニーズ史上唯一デビュー曲がオリコン1位にならなかったグループで活躍の場をバラエティー番組やコント、司会者、MCなど、今まで「アイドル」は絶対やらないものに、次々とチャレンジして結果を残してきました。歌でも、「夜空ノムコウ」「らいおんハート」がミリオンヒット、「世界に一つだけの花」がダブルミリオンを達成しました。

ジャニーズ事務所のジャニー喜多川氏にジャニーズ史上一番最も稼がせたのは、SMAPをおいて他ならない!

広告

2014年11月13日木曜日のニュース

2014年11月13日のニュースは年末も近づきお酒を飲む機会がふえます。

飲酒運転はまずいので運転手は気分だけでもという事で

「ノンアルコールビール」を飲んで我慢してる人も多いと思います。

今日はその「ノンアルコールビール」についてまとめます。

 

 

ノンアルコールビール

もうノンアルコールビールが発売されてからかなりたってますが、果たしてどんな物なのか?どんな味がしてどんな種類があるのか?などまとめます。

 

 

 ノンアルコールビールとは

ビールに味や風味を似せてつくった、アルコールをまったく含まない炭酸飲料のことです。

  • 「ビールテイスト飲料」
  • 「ノンアルコールビールテイスト飲料」
  • 「ノンアルコールビールテイスト清涼飲料」

などとも言います。

2009年に各メーカーが次々と発売しました。

  • キリンビール・・・「フリー」
  • サッポロビール・・・「スーパークリア」
  • アサヒビール・・・「ポイントゼロ」「ダブルゼロ」
  • サントリー・・・「オールフリー」

アサヒビールによりますと、10年の販売量は微量のアルコール分を含む商品と合わせて、業界全体で08年の7倍近い推計約800万ケース(1ケース大瓶20本換算)販売されたということです。一気に「ブレイク」しました!

 

 

どんな味?

やはりビールに味や風味を似せて作っただけあって、ビールのような味がします。でもアルコールが入ってないので「何かが違う」、「なにか物足りない」と感じてしまうようです。自動車の運転などで飲みたくても飲めない時などは雰囲気を出すためにノンアルコールビールを飲むのは「アリ」だと!!思います。「メーカー」さんもビールの味に近づけようと、日々企業努力してるようですし、より進化したノンアルコールビールを期待しましょう。

 

種類

キリンビール

thGWW5BSJ7

「フリー」

 

 

サッポロビール

thRT0UIS51

 

「スーパークリア」

th3LDIKJ9L

「プレミアム アルコール フリー」

 

 

アサヒビール

thCLA0BI16

「ポイントゼロ」

thTBADQQTS

「ダブルゼロ」

th2CFU20DL

「ドライゼロ」

 

 

サントリー

thAR59RYYD

「オールフリー」

 

各メーカー色々な商品を出していますね

自分で飲み比べれば「好みのノンアルコールビール」が見つかるかも・・?

 

 

ビールとの違い

最近の商品は「麦芽100%」や「アロマホップ100%」「天然水100%」さらに「一番麦汁」使用など、ビールと全く同じ原材料を使ってノンアルコールビールを作っているので、アルコールが入っているか、いないかの違いだけで製造の原材料に関してはさほど変わりません。

ただこの「酔えるor酔えない」という点がとても大事でやはり酔えるアルコールの入ったビールは人気があります。

 

 

 値段は?

  • ビール・・・・・・・・・・缶350ml・・・約250円
  • ノンアルコールビール・・・缶350ml・・・約130円

 

飲食店では

  • ビール・・・・・・・・・・約500円
  • ノンアルコールビール・・・約400円

 

缶ビールではノンアルコールビールの値段はビールの50%位なのに対して、飲食店ではノンアルコールビールの値段はビールの80%位のようです。飲食店での「ノンアルコールビール」の価値はビールに近いものがあるようです。

 

広告

結論

ノンアルコールビールは今や「居酒屋」「スナック」「カラオケボックス」はもちろんのこと、「レストラン」や他の飲食店に置かれてます。「市民権」を得たようです。でもやはり「ビール」には、かなわないようで、酔えるというのは本当に強い武器のようです。

ノンアルコールビールは車の運転をする人の強い味方なので、さらに進化した「雰囲気だけでも酔える」美味しいものを開発して欲しいものです。

 

年末に向けて「お酒を飲む機会」が増えます。

飲酒運転は絶対にやめましょう!!

「飲んだら乗るな!」

「乗るならノンアルコールビール!!!」

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ