10月31日は何の日?ハロウイン、有名人の誕生日、名手岡部幸雄、須田 亜香里(SKE48)

 

th70CH92C5  thOG0TT99E

 

10月31日生まれの有名人についてや、

そもそも10月31日が何の日なのか

についてまとめていきます。

 

 

2014年10月31日は仏滅の日

2014年10月31日は仏滅の日

なんですが、いったい何の日

なのか、まとめてみます。

 

ハロウィン

th43SNO3JH

ハロウィン、あるいは、ハロウィーン(英: Halloween または Hallowe’en)とは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭りのこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカで民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある

 

ガス記念日

 

明治5年9月29日(1872年10月31日)横浜の馬車道で、日本初のガス灯が点灯されたことを記念して、日本ガス協会が1972年に制定。

 

陶彩の日

 

色鮮やかな日本の自然の中、豊かな食卓を「器(うつわ)」で彩りよく演出し、より美味しく食べて欲しいとの「陶(すえ)」永く、「彩」り溢れる食卓をという願いを込めて、日本陶彩株式会社が制定。日付は10と31で「陶 (10) 彩 (31) 」と読む語呂合わせから。

 

広告

あの有名人・芸能人の誕生日だった?

10月31日は、あの有名人の誕生日でした。

どんな人物がいるのか、まとめていきましょう。

 

 

 岡部幸雄

thOPZRAQWE

岡部 幸雄(おかべ ゆきお、1948年10月31日)は、日本の騎手。日本中央競馬会 (JRA) に所属し1967年から2005年にかけて活動した。群馬県新田郡強戸村(現・太田市)出身。

20世紀後半から21世紀初頭にかけて中央競馬のトップジョッキーとして活躍し、競馬ファンから名手の愛称で親しまれた。アメリカの競馬に感化され、「馬優先主義」をはじめとする理念や技術を日本に持ち込んだ。中央競馬において、特定の厩舎や馬主に拘束されないフリーランス騎手の先駆けとなったことでも知られる。1995年1月から2007年7月まで、中央競馬における騎手の最多勝記録(最終的には2943勝)を保持した。

名手、岡部 幸雄さんです。

競馬をやったことがある人なら、

誰でも知っているジョッキーの「伝説」です。

私も競馬に夢中になっていた時期があり(今はたまにG1をテレビで見る程度)

当時、競馬新聞で人気がない馬に乗っていても

「岡部人気」で馬券のオッズが低くなることに

驚かされたことを思い出します。

日本の競馬関係者は自分を含め海外の競馬関係者と比べて

社会一般のルールや常識が身についていないことに気づき

ジャック・ニクラスの「よきゴルファーである前によき社会人であれ」

という言葉を常に考えて、行動するようになったそうです。

彼の「座右の銘」は「Take it easy」(無理をしないで気楽にいこう)

「皇帝シンボリルドルフ」岡部さんの代名詞と言ってもいい馬です。

強かったですね!

ジャパンカップで負けた後、無敵を誇っていた「秋の天皇賞」で

まさかの「あっと驚くギャロップダイナ」の実況が記憶に残っています。

久しぶりの敗北でした。

岡部さんはシンボリルドルフに競馬を教えてもらったと後に語っています。

この馬に出会ってから岡部さんは関東のトップジョッキーとして

活躍することになります。

近代競馬の記録はすべて「武豊」が塗り替えるでしょうが

近代競馬のレールを敷き、引っ張ってきたのは間違いなく「岡部幸雄」その人です!

 

岡部幸雄~思い出のダービー~ 動画 

 

須田亜香里

thRTCX0HWK

須田 亜香里(すだ あかり、1991年10月31日  )は、日本のアイドルであり、女性アイドルグループSKE48チームEのメンバーで同チームのリーダーでもある。

愛知県出身。AKS所属。

ニックネームは「あかりん」「だーすー」

ブログを見てみると世間はハロウィンで賑わっていますが

それはわたしの誕生日を祝っているってこと?とありました。

 

そうです あなたの誕生日をお祝いしてるのです。

「ハッピーバースデー!!」

「トリック・オア・トリート」?

広告

2014年10月31日金曜日のニュース

2014年10月31日はどんな、

出来事があったでしょう。

 

 

マタハラで頼れぬ、「伝書バトのような」労働局

読売新聞 10月31日(金)14時38分配信

 

  最高裁判決で注目されたマタニティー・ハラスメント(マタハラ)だが、問題解決のために全国の労働局で行われている「紛争解決援助」や「是正指導」の実績は低迷している。

マタハラに対して罰則規定がなく、行政が企業を強く指導しづらい背景もある。被害者らは「妊娠や出産でハンデを負う女性の立場を理解してほしい」と訴えている。

◆「伝書バト」

「働く女性の味方になってくれるはずの労働局が力になってくれなかった」

東京都内の会社で働いていた30歳代の女性は振り返る。昨年、長男を出産。産休と育休を計6か月取得したところ、職場復帰1か月前に上司から呼び出された。

「保育園の迎えや子どもの病気で仕事に穴が開くと困る」。退職の勧めだった。

驚いた女性は、労働局が間に立って解決を図る紛争解決援助を申し立てた。だが、会社の話を聞いた労働局からは、「お互い譲り合ったらどうか」と、解雇を受け入れて金銭で解決するよう打診された。

女性は援助手続きを打ち切り、裁判官らが事実関係を調べる労働審判を申請。すると、「解雇は無効」と判断された。

結局、会社を辞めた女性は、「労働局は伝書バトのように私と会社の主張をそれぞれに伝えるだけで、解決に導いてくれなかった。諦めて会社の提案をのむ女性も多いのでは」と話す。

最終更新:10月31日(金)14時38分

広告

ひどい話ですね。

でも、中小企業ではよくある話ではないですか

そもそも民間の小さい会社では6ヶ月もの間

会社を休み更に保育園の迎えや子どもの病気で

その後も仕事に穴が開くと困ると考えるのは

当然で、会社や業種にもよりますが

そんな余裕もないというのが現状なのでは

ないでしょうか。

労働局も実際に今の中小企業では少なからず

サービス残業や休日出勤などは、「あたりまえ」の

労働状況の悪さを把握して、企業への紛争解決援助や

指導を徹底してもらいたいです。

一歩間違えて自殺者なんか出たら

企業も「ブラック企業」のひとつとして

労働局も大変な苦労をすると思うので

その前に重い腰をあげてみては・・・。

 

 

 

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ