10月20日は何の日?頭髪の日(有名人の誕生日)山口智子、新垣梨沙、皇后美智子さま

thHSESXKXU th3HO70WP0 th4RLGEJN5

10月20日生まれの有名人についてや、

そもそも10月20日が何の日なのか

についてまとめていきます。

 

2014年10月20日は大安の日

2014年10月20日は大安の日

なんですが、いったい何の日

なのか、まとめていきます。

 

 

新聞広告の日

日本新聞協会が1974年に制定。新聞週間の中で覚えやすい20日を記念日とした。

 

 

 

 頭髪の日

「とう(10)はつ(20)」の語呂合せ。日本毛髪科学協会が制定。

 

 

 

 

ヘアブラシの日

「とう(10)はつ(20)」の語呂合せ。全日本ブラシ工業協同組合が制定。

 

 

リサイクルの日

「ひとまわり」(10)&「ふたまわり」(20)にちなんで日本リサイクルネットワーク会議が1990年に制定

 

 

 

疼痛ゼロの日

「とう(10)つう(two)ゼロ(0)」の語呂合せ。疼痛治療に関する情報提供を行う団体JPAP(Japan Partners Against Pain)が制定。

 

 

 

広告

あの有名人・芸能人の誕生日だった?

10月20日は、あの有名人の誕生日でした。

どんな人物がいるのか、まとめていきましょう。

 

 

 

山口智子

th7A2AUEPS     thGBQB0BMT

山口 智子(やまぐち ともこ、1964年10月20日 – )は、日本の女優である。本名、唐澤 智子(からさわ ともこ)旧姓、山口。

栃木県栃木市出身。研音所属。身長170cm。

栃木市立栃木西中学校時代には生徒会会長をつとめた。栃木県立栃木女子高等学校、青山学院女子短期大学家政学科卒業。短大在学中は広告研究会所属。実家は栃木市にかつて存在した老舗旅館・鯉保(こいやす、2005年8月31日廃業)。俳人松尾芭蕉を経済的にも支援した門弟杉山杉風の子孫にあたる。

 

1988年のNHKの朝ドラ「純ちゃんの応援歌」に出演、ヒロイン役を務めその実力が認められ、その後、フジテレビ、日本テレビ、TBS各局のトレンディードラマのヒロイン級を演じブレイクする。

 

NHKの「純ちゃんの応援歌」の共演がきっかけとなり、唐沢寿明と結婚する。

よく、唐沢寿明、山口智子夫妻と反町隆史、松島菜々子夫妻が比較されますが、同じ時代に、ブレイクし素晴らしい活躍をそれぞれされていますから、好き好きの問題でどちらも素晴らしい俳優さんで、素晴らしい女優さんだと思います。これからも芸能界の大物夫婦となっていくことでしょう。

 

 

 

新垣里沙

thPVHT6BIP

新垣 里沙(にいがき りさ、1988年10月20日 – )は、日本の歌手、女優であり、女性歌手グループ・女性アイドルグループ・女性ダンス&ボーカルグループのモーニング娘。の元メンバー(5期)・7代目リーダーにしてハロー!プロジェクトの3代目リーダー。モーニング娘。在籍期間はおよそ10年8カ月(在籍日数3918日)であり、2014年現在同グループに在籍中の道重さゆみに次いで在籍期間が長かった。

神奈川県横浜市出身。ジェイピィールーム(アップフロントグループ)所属。

 

ニックネームは、ガキさん、お豆ちゃん、ニィニィ、さっちゅん

 

モーニング娘。の大ファンであったことから、2001年に行われた「モーニング娘。LOVEオーディション21」を受験したところ、高橋愛・紺野あさ美・小川麻琴と共に合格し、モーニング娘。5期メンバーとなった。

 

 

 

皇后 美智子さま

thIF99MVF8

皇后美智子(こうごう みちこ、1934年(昭和9年)10月20日 – )は、今上天皇の皇后。前姓は正田(しょうだ)。皇室典範に定める敬称は陛下。日本赤十字社名誉総裁、国際児童図書評議会名誉総裁。

 

明仁天皇との間には、3子がいる。

  • 浩宮徳仁親王(ひろのみや なるひと、1960年- ) – 第一男子。現・皇太子。
  • 礼宮文仁親王(あやのみや ふみひと、1965年- ) – 第二男子。秋篠宮。
  • 紀宮清子内親王(のりのみや さやこ、1969年-) – 第一女子。黒田慶樹夫人。

 

 

 

 皇后美智子様の印象に残るお言葉やエピソードをまとめていきます。

 

皇室に嫁ぐ際には実家の庭に白樺の苗木を植え、「これを私の身代わりにしてください」と言った。このとき父・正田英三郎から、「天皇陛下と皇太子殿下の御心に沿って生きるように」との言葉を贈られている。

 

 

「私は今でも、昭和34年のご成婚の日のお馬車の列で、沿道の人々から受けた温かい祝福を、感謝とともに思い返すことがよくあります。東宮妃として、あの日、民間から私を受け入れた皇室と、その長い歴史に、傷をつけてはならないという重い責任感とともに、あの同じ日に、私の新しい旅立ちを祝福して見送ってくださった大勢の方々の期待を無にし、私もそこに生を得た庶民の歴史に傷を残してはならないという思いもまた、その後の歳月、私の中に、常にあったと思います」。

 

 

教育方針は丁寧ではあったが、過保護ではなかった。礼宮文仁親王がアオダイショウを追いかけ、紀宮清子内親王に捕まえるように言った際には、アオダイショウが無毒と分かると清子内親王に追いかけるように言ったというエピソードも残る。

 

 

紀子妃は同じく旧皇族・旧華族以外の出身であり、彼女に対してそれまでの自分の経験を話し、助言をしていると言われている。彼女の婚約が内定した際には、「またひとつ宝物が増えました」との感想を発表している。

 

 

皇太子妃時代、庶民からの羨望の気持ちを込めて「同じ服は二度と着ない」等ともいわれていたが、実際には丁寧に管理され、時には仕立て直しなどリフォームをして繰り返し着用しているという。

 

 

公務の際は、洋装に日本独自のもの(佐賀錦等)をあしらったり、訪問先の国花・都道府県花等を身につけたり、国旗を意識した配色の衣服を着用する等の気配りを見せている。そのファッションセンスは、日本のみならず世界的にも高く評価されており、1985年・1988年・1990年の三度、国際ベストドレッサー賞を受賞している。植田いつ子らがデザイナーとして知られる。

 

 

1992年(平成4年)に、山形県において開催された秋の国体(べにばな国体)の開会式臨席の際、暴漢が発煙筒を投じたところ、とっさに片手を挙げ身を挺して天皇をかばうなど、常に天皇を気遣っている。

 

 

1999年(平成11年)、父・正田英三郎の死去に伴い、東京都品川区東五反田五丁目(通称「池田山」)の生家正田邸が相続の対象になった際は、相続権を放棄。全国で正田邸の保存を望む声が高まったが、正田邸は物納され、取り壊された。跡地は小公園「品川区立ねむの木の庭」になっている。

 

 

1958年(昭和33年)11月27日、婚約決定記者会見での明仁親王評

「とてもご誠実で、ご立派で、心からご信頼申し上げ、ご尊敬申し上げて行かれる方だというところに魅力を感じ致しました」

 

 

1960年(昭和35年)4月11日、結婚一周年の記者会見で

「難しいこともたくさんありましたし、辛いこともあります。いつになったら慣れるのか見当がつきません。(中略)時には八方ふさがりのような気持ちになることもあります」

 

 

1984年(昭和59年)4月10日、銀婚記者会見にて。明仁親王の「点数を付けることは出来ないが努力賞ということで」をふまえ

「わたくしも差し上げるのならお点ではなく、感謝状を」

 

 

1989年(平成元年)5月31日、平成元年全国赤十字大会にて

「平成初めての大会に当たり、昭和22年以来、42年の長い年月にわたって名誉総裁の責務をお果たしになった皇太后陛下に、わたくしどもの深い感謝をお奉げしたいと思います」

 

 

1994年(平成6年)10月20日、還暦文書回答にて、皇后美智子が天皇とともに皇室に新風を吹き込んだという指摘に対して

「変化の尺度を測れるのは皇位の継承に連なる方であり、配偶者や家族であってはならないと考えています」「どの時代にも新しい風があり、またどの時代の新しい風も、それに先立つ時代なしには生まれ得なかったのではないかと感じています」

 

 

1995年(平成7年)10月20日、誕生日の文書回答にて

「国民の叡智がよき判断を下し、国民の意志がよきことを志向するよう祈り続けていることが、皇室存在の意義、役割を示しているのではないかと考えます」

 

 

1996年(平成8年)10月20日、誕生日の文書回答にて

「常に国民の関心の対象となっているというよりも、国の大切な折々に、この国に皇室があって良かった、と、国民が心から安堵し喜ぶことの出来る皇室でありたいと思っています」

 

 

2005年(平成17年)10月20日、誕生日文書回答にて、数日後に控えた清子内親王の降嫁を前に

「清子は、私が何か失敗したり、思いがけないことが起こってがっかりしている時に、まずそばに来てドンマーインと、のどかに言ってくれる子どもでした」

 

 

2008年(平成20年)10月20日、誕生日の文書回答にて

「この頃愛子と一緒にいて、もしかしたら愛子と私は物事や事柄のおかしさの感じ方が割合と似ているのかもしれないと思うことがあります。周囲の人の一寸した言葉の表現や、話している語の響きなど、「これは面白がっているな」と思ってそっと見ると、あちらも笑いを含んだ目をこちらに向けていて、そのような時、とても幸せな気持ちになります。思い出して見ると、眞子や佳子が小さかった頃にも、同じようなことが、度々ありました」

 

 

2009年(平成21年)4月8日、結婚50周年記者会見にて。先の25周年記者会見での発言をふまえ

「この度も私はやはり感謝状を、何かこれだけでは足りないような気持ちがいたしますが、心を込めて感謝状をお贈り申し上げます」

 

 

皇后美智子さまの素晴らしい性格が見受けられますね

 

 

 

生家・正田家

 

祖父・貞一郎(実業家・日清製粉創業者)

父・英三郎(実業家・日清製粉名誉会長)

母・富美子(佐賀の旧家・副島家出身、中支那振興常務理事 副島綱雄   の長女)

兄・巌(元日本銀行監事)

妹・恵美子(元昭和電工専務・日本体育協会会長安西孝之夫人)

弟・修(実業家・日清製粉グループ名誉会長相談役)

従兄・正田彬1929年-2009年(正田建次郎長男・経済法の専門家・慶應大学名誉教授)

広告

2014年10月20日月曜日のニュース

2014年10月20日はどんな、

出来事があったでしょう。

 

 

 

パリーグ クライマックスシリ ーズ ファイナル第6戦

 

ソフトバンク 4勝  3勝 日本ハム (ヤフオクドーム18:00)8

 

試合結果 ソフトバンク 4-1 日本ハム

 

 

小渕経産相 閣僚辞任

th6UMHVJ0U

小渕優子経済産業相(40)=衆院群馬5区=は20日午前、安倍晋三首相と首相官邸で会い、自身の関連政治団体による不明朗な会計問題の責任を取り、辞表を提出した。首相は受理し、経産相の臨時代理に高市早苗総務相を充てた。

小渕氏は20日午前8時20分ごろから約30分間、首相と会談。「政治資金問題を引き続きしっかり調査し、政治家として襟を正したい。国政に遅滞をもたらすことは許されず、閣僚の職を辞したい」と辞任の理由を説明し、「内閣の一人として女性活躍や経済再生に貢献できず、申し訳ない」と首相に陳謝した。

小渕氏はその後、経産省で記者会見し、観劇会をめぐる収入と支出が大きく食い違っていることについて「指摘を受けている通り、大きな疑念があると言わざるを得ない」と述べ、税理士ら第三者に調査を依頼する意向を示した。

小渕氏を巡っては政治団体「小渕優子後援会」(群馬県中之条町)と「自民党群馬県ふるさと振興支部」(同県高崎市)が10年と11年、東京都中央区の「明治座」で地元女性支持者向けに共催した観劇会について、計約3400万円を支出した一方、観劇料としては計約740万円の収入しか政治資金収支報告書に計上していなかったことなどが発覚。差額を政治団体が負担していれば、公職選挙法の利益供与に抵触するとの疑惑が浮上した。

さらに、小渕氏の資金管理団体から百貨店のベビー用品や化粧品、著名デザイナーズブランドなどへの支払いも確認され、「公私混同ではないか」と批判が出ていた。

小渕氏は調査を進める中で、多額の不明朗会計が世論や野党の理解を得るのは困難と判断し、閣僚辞任を決断した。野党は国会で攻勢を強めており、法案審議の停滞を懸念する政府・与党にも「辞任はやむを得ない」との見方が急速に強まった。

 

松島法相 閣僚辞任

th2XZUN10L

選挙区内で「うちわ」を配布していた松島みどり法相(58)=東京14区=も同日午後、首相に辞表を提出した。首相は受理し、法相の臨時代理に山谷えり子国家公安委員長を指名した。

松島氏には公職選挙法違反の疑いが指摘されている。松島氏が野党に示した資料によると、松島氏は12~14年に「うちわ」を約178万円で計2万1980本作り、選挙区内のイベントなどで配布。うちわは柄があり、名前やイラスト、成立した法律が記されていた。「法務大臣」の肩書の入ったものも多数配ったとされる。

松島氏は国会審議で、うちわは有価物で公選法が禁止する寄付行為に当たるのではないかとの追及に、「うちわのように見えるかもしれないが価値のあるものではない。討議資料だ」などと釈明した。だが、民主党の階猛副幹事長が公職選挙法違反の疑いで東京地検に告発。与党内からは、松島氏も辞任させて「同時決着」を図るべきだとの声が出ていた。

広告

なぜ「閣僚」に就任する前に自分たちの事務所で

調査をしないのか?

不思議でなりません。

普段から「国会議員」たるもの、後ろ指をさされないよう

「身綺麗」にしていては・・・。

 

松島法相にいたっては、辞表を出した後も

「寄付行為だとは、思っていない」とのこと。

 

それなら辞めなければいいのに・・・・?

 

 

経済産業大臣に参院自民党の宮沢洋一政調会長代理

 

 法務大臣に自民党女性活躍推進本部長に上川陽子氏

 

ソフトB 3年ぶり日本S進出!

◇パ・リーグCSファイナルS第6戦  ソフトバンク4―1日本ハム(2014年10月20日 ヤフオクD)

パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第6戦は20日、ヤフオクドームで行われ、リーグ優勝のソフトバンクがレギュラーシーズン3位から勝ち上がった日本ハムを4―1で下し、アドバンテージを含め4勝3敗として3年ぶり15回目の日本シリーズ出場を決めた。

 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ