1月31日は何の日?香取慎吾/真矢みき/史上1位33度目優勝白鵬/厳重注意

フリー素材アイドル「MIKA☆RIKA」

 

1月31日生まれの香取慎吾や真矢みき

全勝で史上1位33度目の優勝を決めた白鵬、厳重注意

についてまとめていきます。

 

 

 

2015年1月31日は大安の日

2015年1月31日は大安の日

なんですが、いったい何の日

なのか、まとめてみます。

 

生命保険の日

1882年のこの日に日本初の生命保険金支払いが行われたことにちなみ、生命保険のトップセールスマンの集まりであるMDRT日本会が制定しました。

これとは別に、11月1日が生命保険協会が定めた生命保険の日となっています。

 

愛妻の日

1月の1を”I”に見立て、「あい(I)さい(31)」の語呂合わせから。日本愛妻家協会が2006年に制定しました。

 

広告

あの有名人・芸能人の誕生日だった?

1月31日は、あの有名人の誕生日でした。

どんな人物がいるのか、まとめていきましょう。

 

香取慎吾

katori

日本の歌手、俳優、タレント。

男性アイドルグループSMAPのメンバー。

ジャニーズ事務所所属。

神奈川県横浜市出身。

 

真矢みき

maya

本名、西島 美季(にしじま みき)、旧姓、佐藤(さとう)。

日本の女優であり、元宝塚歌劇団花組トップスター。

広島市西区南観音町生まれ。

大阪府豊中市育ち。

ブルーミングエージェンシー所属。

 

広告

2015年1月31日土曜日のニュース

2015年1月31日はどんな、

出来事があったでしょう。

 

いま発言する理由は? あまりに残念な白鵬発言

hakuh

 誰も抜く者はいない、とされてきた大記録更新に自ら水を差す発言だ。大鵬を抜く33度目優勝を遂げて喜びの声を語るはずの一夜明け会見の場で、白鵬が初場所13日目の稀勢の里戦を「疑惑の相撲」とし、審判部が下した取り直しの判断に異議を唱えた。

ビデオでの確認が導入されているとはいえ、最終的には人の目で判断される大相撲の勝負判定。「こっちは命をかけてやっている」との発言からは、土俵の公平性を高める願いを感じ取れるが、いまメディアを通じて発信すべきだったろうか。

審判は角界の先輩にあたる元力士の親方衆が務めている。過去には師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)が審判だったこともある。「子供が見ても分かる」はあまりに言い過ぎだ。

おごることなく朝の稽古場や地方巡業先で老若男女に分け隔てなくず接する優しい心を持つ横綱だけに、なおさら残念な思いが募る。(藤原翔)

引用元:産経新聞

 

白鵬に厳重注意! 「子供でも分かる」慢心発言に協会激怒

‘å‘Š–oE‚¨‚Ç‚¯‚é”’–Q

 白鵬に厳重注意!! 大相撲初場所で大鵬を抜き、単独史上最多の33度目の優勝を達成した横綱白鵬(29)が26日、東京都内での一夜明け会見で勝負審判の判断を批判した。対象は初場所13日目に同体で取り直しとなった大関稀勢の里戦で、「子供が見ても分かる」とした。異例の批判について日本相撲協会の北の湖理事長(61)=元横綱=は、29日に師匠の宮城野親方(57)=元幕内竹葉山=を呼び、厳重に注意する意向を示した。

大偉業が台無しになる、横綱の“乱心”だった。元横綱大鵬を抜き、史上1位となる33度目の優勝を全勝で決めた白鵬の一夜明け会見。午前10時半から始まるはずが、横綱は約1時間遅刻して姿を現した。祝宴が明け方まで続いたことをうかがわせる眠そうな表情。「疲れました」という第一声に続き、真顔での“演説”が始まった。

「疑惑の相撲が1つある。いかがなものか。13日目ですね」

言及した取組は優勝を決めた13日目の大関稀勢の里戦だ。物言いがつき同体と見なされ、取り直しとなったことへの不満だった。

「そのときは分からなかったですけど、家に帰ってビデオを見たら、子供が見ても分かることだった。なぜ、取り直しにしたのか。勝ったからよかったけど、もっと緊張感を持って、こんなのは二度とないようにやってほしい」

横綱が公然と判定を批判するのは極めて異例の事態。露骨な言葉も出た。「(審判も)元お相撲さんでしょ?」。

引用元:産経デジタル

広告

全勝で史上1位となる33度目の優勝を

決めた「白鵬」は素晴らしいですね!

「白鵬」は人格も素晴らしく

もちろん相撲もとても強い

素晴らしい横綱だと思います。

相撲協会も日本人横綱がしばらくいないので、

なにか八つ当たりしているように思います。

 

こんなことは気にせず

「大横綱 白鵬」の道を歩んでください!

応援しています!?


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ