1月28日は何の日?川畑要/ベッキー「ハーフ会」/沢田研二「嫌なら帰れ!」

フリー素材アイドル「MIKA☆RIKA」

 

1月28日生まれの川畑要(CHEMISTRY)や

ベッキー「ハーフ会」で女帝に…

沢田研二がライブでブチ切れ「嫌なら帰れ!」

についてまとめていきます。

 

 

 

2015年1月28日は友引の日

2015年1月28日は友引の日

なんですが、いったい何の日

なのか、まとめてみます。

 

 

 

衣類乾燥機の日

HITACHI これっきりボタン 衣類乾燥機 ピュアホワイト DE-N35FY-W

新品価格
¥27,980から
(2015/1/24 19:35時点)


「いるい(1)ふん(2)わり(8)」の語呂合せ。日本電機工業会が1994年に制定しました。

 

広告

あの有名人・芸能人の誕生日だった?

1月28日は、あの有名人の誕生日でした。

どんな人物がいるのか、まとめていきましょう。

 

川畑要(CHEMISTRY)

kawab

日本の男性ミュージシャン。

CHEMISTRYのメンバー。

現在はソロ名義で活動中。

身長173cm、血液型:A型。

 

広告

2015年1月28日水曜日のニュース

2015年1月28日はどんな、

出来事があったでしょう。

 

ベッキー「ハーフ会」で女帝に…「ミドルネームにみんな驚き」

bee

 タレントのユージ(27)が25日、自身のブログで「第1回ハーフ会」を開催したことを報告した。

メンバーはユージに加え、SHELLY(30)、ベッキー(30)、ローラ(24)、ホラン千秋(26)、ウエンツ瑛士(29)、お笑いコンビ「マテンロウ」のアントニー(24)、ハリー杉山(30)と超豪華な顔ぶれ。

以前から計画していたというが、なかなか開催できず、「プライベートでこのメンバー集まるのも時間が会うのも奇跡だ。マイブラザーJOYをはじめ、来れなかったメンバーもいるけどとっても楽しい会でした」と、全員が笑顔の集合写真も掲載。「ハーフならではのあるある話しや、なかなか聞くことができないみんなのフルネームなど…」と、大いに盛り上がった様子だ。

ベッキーも、開催前から「どきどきする 不思議な集まりに呼び出された」と自身のツイッターでつぶやいていたが、散会後には「ハーフ会!さいこーう!」とし、ハッシュタグで「とりあえず国籍確認 まずどことのハーフか自己紹介 ミドルネームにみんなおどろき 女帝と呼ばれた」と会の様子を報告していた。

ちなみに、父親がアメリカ人、母親が日本人なのがユージ(曾祖父はドミニカ共和国元大統領)、SHELLY、ウエンツ瑛士。父親がイギリス人、母親が日本人なのがベッキー、父親がアイルランド人、母親が日本人なのがホラン千秋、ローラは父親がバングラデシュ人、母親が日本人とロシア人のクオーターだ。

引用元:スポニチアネックス

 

普通の日本人にはわからない苦労があるのでしょうね!

今は国際化の時代ですから本人が思うほど

周りは全然気にしていないと思うのですが

反対に「羨ましく思っている」人も

沢山いることをお忘れなく・・・!?

広告

ファンは呆然…沢田研二がライブでブチ切れ「嫌なら帰れ!」

sawad

「何が起こったのか一瞬わからず、会場は静まりかえりました」(観客のひとり)

歌手の沢田研二(66)が先週、コンサート会場で突然ブチ切れて、ファンで埋め尽くされた会場を凍りつかせる場面があったという。「2015 沢田研二 正月LIVE」が開かれた1月20日。会場は東京国際フォーラムのホールAで、キャパの5000人はほぼ満席に近い状態。「昭和90年のVOICE∞」と題し、東京、名古屋、大阪と主要都市の全6公演を回った最終日ということもあり、グループサウンズ時代からのファンが多く訪れ、熱気ムンムンだったという。

ところが、いざ開演してみると1曲目の「LOVE(抱きしめたい)」以降、往年のヒット曲が披露されることはほぼなし。

「私が知っていたのは『君をのせて』と『6番目のユ・ウ・ウ・ツ』ぐらい。『TOKIO』も『危険なふたり』も『勝手にしやがれ』も歌ってくれないんだから! 昔のジュリーの歌が聞けると思ってきたのに拍子抜け」(60代女性)、「お腹の回りについたぜい肉が玉にキズだったけど、ふなっしー顔負けで何度も跳びはねたりと精力的に動いていた。本人は新曲を出し続けているし、現役感をアピールしたかったのかもしれないけれど、やっぱり、私たちが聞きたかったのは昔の歌なんですよねえ」(別の60代女性)などなど、ライブに訪れた観客からはこうした不満の声が漏れていた。

■客席の「歌って~!」の声に…

そして、2時間近く歌い続けたジュリーが最後の最後でMCに立った時、“事件”が起こった。「イスラム国」の日本人人質事件にも触れつつ、「皆さん、大変な事態になりました。日本の将来を憂うのではなく自分自身の頭と心で考えなければなりません」と、自説をとうとうと述べるジュリーに、客席から「歌って~!」という黄色い声援が……。

すると、その声に反応したジュリー。間髪入れずにステージ上から、「黙っとれ! 誰かの意見を聞きたいんじゃない。嫌なら帰れ!」と怒鳴りつけたというのだ。ファンは目が点。会場は凍り付くような雰囲気に包まれたというわけだ。

ジュリーは「3・11」以降、被災地への祈りと反脱原発ソングをリリースし続け、12年の衆院選では山本太郎氏の街頭演説にも参加している。政治への意識と関心は高く、憲法9条の大切さを訴えたり、ステージ上で「アッカン、アベ~」と安倍政権をからかうような発言もしている。

悪くなる一方の政治情勢へのイラ立ちがステージ上での発言につながったのだろうが、楽曲を楽しみにしているファンに向かって「嫌なら帰れ」はやはり暴言だろう。今は“ボギーの時代”ではない。思いの丈はぜひ、別の機会にぶちまけてほしい。

引用元:日刊ゲンダイ

 

ジュリーやっちゃいましたね!

「黙っとれ! 誰かの意見を聞きたいんじゃない。嫌なら帰れ!」

と怒鳴りつけたのはまずいでしょう。

ファンあっての芸能人なのですから

誰が考えても「全盛期」が過ぎたのは明らかなのに

何を勘違いしたのか、そんな偉そうなことを言って・・・。

例え「全盛期」のジュリーでも

そんな言動は許されないことくらい

自分でも分かっていると思うのですが・・・?

どうしちゃったのですかね・・・!?


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ