6月16日は何の日?ほんこん/前田希美/渡辺謙 語る 小林麻央にはエール

6月16

和菓子の日・麦とろの日・無重力の日

6月16日のイベントやこの日生まれた

ほんこん、前田希美、

渡辺謙苦言「この国はまずい」 小林麻央にはエール

についてまとめていきます。

 

あの有名人・芸能人の誕生日だった?

6月16日は、あの有名人の誕生日でした。

どんな人物がいるのか、まとめていきましょう。

 

ほんこん

hon

プロフィールは コチラ

 

前田希美

noz

プロフィールは コチラ

 

広告

2016年6月16日木曜日のニュース

2016年6月16日はどんな、

出来事を取り上げましょうか?

気になるニュースをピックアップします!

 

渡辺謙苦言「この国はまずい」 小林麻央にはエール

ken

 俳優渡辺謙(56)が13日、都内で行われた「第7回岩谷時子賞」授賞式に出席し、同賞を受賞した。

ミュージカル「王様と私」でブロードウェーの舞台に立ったことを評価された。渡辺は2月に胃がん、妻の女優南果歩(52)は3月に乳がんで手術した。「経過は良かったし、引き続き点検はしますが、今は薬も飲んでません。彼女も引き続き同じように経過を見ています」と話した。

乳がんで闘病中の市川海老蔵(38)の妻小林麻央(33)については「大変だと思います。自分の経験からもそうですが、抱えてることは人それぞれ違うと思う。僕たちにできるのは、治療や家族の時間を作れるよう、そっと見守ってあげること」と気遣った。

また、舛添要一都知事の疑惑や芸能人の不倫が相次いでいることには「政治家の領収書や不倫の情報ばかりが錯綜しているこの国はどうなっていくんだろう。文化の担い手として、深い人間的ドラマを伝える作品を作らないと、この国はまずい」と苦言を呈した。

出典:日刊スポーツ

がんで闘病生活を送る大変さは

「本人」と「その家族」しか分からないですよね!

 

渡辺謙さんの言うとおり周りの人達は

ただ見守る事しか出来ないのかも知れません!

 

小林麻央さんも市川海老蔵さんと子供たちの為に

頑張って闘病してもらいたいものです!

 

早く元気な姿を私たちの前に見せて下さい!

 

2016年6月16日は仏滅の日

2016年6月16日仏滅の日

なんですが、いったい何の日

なのか、まとめてみます。

 

和菓子の日

由来は コチラ

 

ケーブルテレビの日

由来は コチラ

 

麦とろの日

由来は コチラ

 

無重力の日

由来は コチラ

 

広告

2016年6月16日北海道のイベント情報

6月16日は北海道で

どんなイベントが行われるのか

いくつかピックアップして

まとめていきます。

 

北海道神宮例祭

札幌市 6/14~6/16 北海道神宮 札幌市中央区宮ケ丘474

北海道の総鎮守、北海道神宮の祭礼です。

4基の神輿を中心に、維新勤王隊、

祭典区の9基の山車などの行列が囃子を奏でながら、

市内を賑やかに練り歩きます。

 

第35回洞爺湖ロングラン花火大会

洞爺湖町 4/28~10/31(※風が強くて船が出航できない時は中止)

洞爺湖畔 虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉

期中毎夜打ち上げられる湖上花火大会です。

20時45分から20分間開催します。

水中花火と打上げ花火があり、

水中花火は湖から扇状の花火が打ち上がります。

移動しながらあげていく花火で、洞爺湖温泉街一帯から楽しめます。

花火を裏側から楽しむ「裏花火クルーズ」がおすすめです。

花火鑑賞船:大人1600円、子供800円。



ロマンティック☆イルミネーション ルスツ スターダストアベニュー

留寿都村 11/21~10/22 ※4・10・11月にクローズあり

ルスツリゾート内 留寿都村泉川13

全長310mの通りが、約25万球のイルミネーションできらめく

動物のオブジェや光の塔で華やかに彩られます。

クリスマスには花火大会やスペシャルディナー。

12月31日には花火や年越しカウントダウン等の

イベントも開催されます。

ホテル内で水と光と音楽の競演

「ミュージカルファウンテンズ」も開催されます。

 

広告

昨年、2015年6月16日はどんな日だった?

2015年6月16日

いったいどんな出来事があって

どんな日だったでしょう?

 

あなたは覚えていますか?

一年前の事、中々思い出せないですよね?

 

去年の今日、どんな日だったのか?

たまには思い出してみましょうか?


今日は何の日? 2015年6月16日

2015年6月16日

6月16日生まれのほんこんや前田希美、

坂上忍、元少年Aの手記出版を批判 -

松本人志の「僕は読まない」に共感

でした。

 

2015年6月16日 続きを読む


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ