1月5日は何の日?高田万由子/田中雅美/SMAP解散の日に打ち上げ 森参加

1月5

囲碁の日

1月5日のイベントやこの日生まれた

高田万由子、田中雅美、元ちとせ、

SMAPが解散の日に打ち上げ 

森且行が出席も木村は不参加

についてまとめていきます。

 

あの有名人・芸能人の誕生日だった?

1月5日は、あの有名人の誕生日でした。

どんな人物がいるのか、まとめていきましょう。

 

高田万由子

mayuko

プロフィールは コチラ

 

田中雅美

masami

プロフィールは コチラ

 

元ちとせ

titose

プロフィールは コチラ

 

広告

2017年1月5日木曜日のニュース

2017年1月5日はどんな、

出来事を取り上げましょうか?

気になるニュースをピックアップします!

 

SMAPが解散の日に打ち上げ 森且行が出席も木村は不参加

utage

SMAPのメンバーが、25年の活動に終止符を打った昨年の大晦日の夜に都内の焼肉店で打ち上げパーティを行っていたことがわかった。

――木村拓哉さん(44才)にも声はかけたのでしょうか?

「……」

――彼もこの会合は知っていたのですか?

「……」

NHK紅白歌合戦が2年連続の紅組の勝利で幕を閉じ、除夜の鐘も鳴り終えた12月31日の深夜2時。都心の高級焼肉店から出てきたのは、木村を除くSMAPのメンバーだった。

本誌の問いかけに口をつぐむ中居正広(44才)、草なぎ剛(42才)、香取慎吾(39才)。記者には目も合わせず、各々タクシーに乗り込んでいく。

ただ一人、稲垣吾郎(43才)の発したひと言が虚しく宙に漂う。

「こんなに遅い時間までお疲れ様でした」

SMAPが25年の活動に終止符を打ったこの日、4人が開いたのは、ささやかな打ち上げパーティだった。

スタッフを一切交えない完全プライベートの集いだが、一人だけ同席者がいた。1996年に脱退した元メンバー、森且行(42才)である。

新旧メンバーによる最後の打ち上げは、25年分の苦楽を吐き出すように、長い長い宴となった。打ち上げの開始は夜7時。最初に来店したのは香取と草なぎ。少し遅れて稲垣、中居、森が合流した。

「2階の個室を貸し切っていました。1階には一般客も大勢いて、入り口付近の客は仰天していましたよ。“いま上がってったの、中居じゃね?”って。その後、メンバーが続々と来るもんだから、震えましたね。とんでもない瞬間に立ち会ってしまった、と」(居合わせた客)

沖縄の「もとぶ牛」の一頭買いを売りにする同店は、ミスジやとも三角、ザブトンなどあらゆる希少部位が味わえる。同夜のメンバーも極上の肉に唸っていたのだろうか、店員が慌ただしく個室にグラスと皿を運んでいた。

「10時に閉店だったのですが、他の客が退店後もメンバーは宴会を続けていました。この店、個室内にテレビはないので、紅白を見ながら盛り上がっていたわけでもないでしょう。ずっと昔話に花を咲かせていたのかな…」(居合わせた常連客)
出場を巡って諸説入り乱れた紅白(最終的にメンバーから辞退)には目もくれず、閉ざされた空間で5人だけの夜が更けていった。

「日付の変わる直前にはお店側に年越しうどんを用意してもらったそうです。店内でカウントダウンからの新年祝いしたんだとか」(SMAPを知る芸能関係者)

お開きとなったのは年をまたいだ深夜2時。7時間の宴を終えた赤ら顔のメンバーがゾロゾロと出てきた。

先頭は中居。マスクに眼鏡、帽子という変装姿で直撃にも無言を貫く。2番手で森が退店すると、後続の草なぎ、香取が二人で一台のタクシーに乗り込み、最後に稲垣が登場。冒頭のコメントを残して去って行った。

一人参加しなかった木村は何をしていたか。

「自宅で家族と過ごしていたようです。SMAP最後の日ですから、特別な想いもあったのでしょう。4人と森くんの打ち上げを知らなかったのか、誘われたけど断ったのか。どちらにせよ、結果的に彼は参加せず家族との時間を選んだ」(SMAPを知る音楽関係者)

元来、木村はプライベートでメンバーとつるむことはせず、芸能界の仲間とも過度なつき合いをしない。一人家族がいるし、立場が違うということもある。それでも木村の打ち上げ不参加を耳にすることは、往年のSMAPファンからすれば、傷をえぐられる思いだろう。

「やっぱり彼だけが……とショックです。もし誘っていなかったのだとしたら4人のやっていることは余りに子供じみています。あれだけ『4対1』の構図が世を騒がせ、ファンを悲しませてきたんですから。せめてそのメンバーで打ち上げをするなら、絶対に人目のつかない場所を選ぶとか、ファンのためにも配慮すべきことがあったはず。

すでに私たちはSMAPの解散で心にポッカリ穴が空いている状況なんです。最後まで後味の悪い終わり方で、不快な気持ちになるばかりです」(木村ファンの一人)

※女性セブン2017年1月19日号

出典:NEWS ポストセブン

木村さんだけ不参加ですか…?

 

まぁいろいろありましたから

当然と言えば当然なんですが

 

木村さんのファンからすれば

面白くないのかも知れませんね?

 

森さんが参加したのが意外でした。

 

SMAP5人で活動することはもう無いのでしょうから

 

後は5人が4:1や3:2でどうくっ付こうが

 

仕様がないではないですか?

 

いつまでも活躍されて

元気な姿を見せてくれるだけでいいと想うのは

私だけでしょうか…?


2017年1月5日は先勝の日

2017年1月5日先勝の日

なんですが、いったい何の日

なのか、まとめてみます。

 

囲碁の日

由来は コチラ

 

広告

2017年1月5日北海道のイベント情報

1月5日は北海道で

どんなイベントが行われるのか

いくつかピックアップして

まとめていきます。

 

あさひかわ街あかりイルミネーション

旭川市 12/3~3/12 旭川市中心部(緑橋通、昭和通、

平和通買物公園、旭橋通、7条緑道、常盤ロータリー)

冬の旭川中心部を彩るイルミネーションです。

旭川の中心市街地にある平和通買物公園、7条緑道、緑橋通、

昭和通、常盤ロータリーの5カ所を

約20万球の明かりが彩る、旭川の冬の風物詩です。

厳冬期の凜とした空気の中、雪を被って輝くイルミネーションの

きらめきは、北国旭川らしい美しい光景です。

旭川駅前から続く元祖ホコテン「平和通買物公園」の

モニュメントイルミや7条緑道の光のトンネル「緑道イルミ」など

華やかに街を彩ります。

12月3日には点灯式も行われます。

 

五稜星の夢

函館市 12/1~2/28 函館市五稜郭町44

五稜郭公園(特別史跡五稜郭跡)

電球の灯りで浮かび上がった冬の五稜星形は

普段よりいっそう美しくなります。

1989年から続くライトアップのイベントです。

 

はこだて冬フェスティバル・はこだてイルミネーション

函館市 12/1~2/28 函館市元町周辺

元町地区の代表的な坂や通りにある街路樹に

イルミネーションが飾られ、

異国情緒あふれる函館の冬をロマンチックに演出します。

 

ロマンティック☆イルミネーション ルスツ スターダストアベニュー

留寿都村 11/26~10/21 ※4・10・11月にクローズあり

虻田郡留寿都村泉川13  ルスツリゾート内

全長310mの通りが、約25万球のイルミネーションできらめく

動物のオブジェや光の塔で華やかに彩られます。

クリスマスには花火大会やスペシャルディナー、

12月31日には花火や年越しカウントダウン等の

イベントも開催されます。

ホテル内で水と光と音楽の競演

「ミュージカルファウンテンズ」も開催されます。

 

第36回さっぽろホワイトイルミネーション

札幌市 

札幌市中央区大通西1~8丁目(大通会場)  11/18~12/25

札幌市北4条~南4条    (札幌駅前通) 11/18~2/12

札幌市南1条西1丁目~3丁目 (南一条通)   11/18~3/14

昭和56年(1981)から開催されている

毎年恒例のイルミネーションです。

多数の明かりに大通公園・駅前通・南一条通が包まれます。

大通公園のイルミネーションのオブジェは、

気温が低くなると雪の反射も加わり、より美しく輝きを増します。

駅前通と南一条通は街路樹にLEDが装飾され、

幻想的な雰囲気になります。

 

小樽ゆき物語

小樽市 11/12~2/12 小樽市色内2-1-20  運河プラザほか市内各所

運河プラザ内に設置されるワイングラスタワーは、

硝子の街小樽をイメージしています。

好評だった浮き玉ツリーが夕暮れ時からライトアップされ、

期間限定で小樽運河をライトアップと

イルミネーションで青く演出します。


 

広告

昨年、2016年1月5日はどんな日だった?

2016年1月5日

いったいどんな出来事があって

どんな日だったでしょう?

 

あなたは覚えていますか?

一年前の事、中々思い出せないですよね?

 

去年の今日、どんな日だったのか?

たまには思い出してみましょうか?


今日は何の日? 2016年1月5日

2016年1月5日

1月5日のイベントやこの日生まれた

高田万由子、田中雅美、元ちとせ、

二階堂ふみが「ゴチ17」新メンバー!

負けは出川、総支払い額200万円に迫る、

過去の「ゴチメンバー」

でした。

 

2016年1月5日 続きを読む

2015年1月5日


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ