今日は何の日?六曜とは?先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口

六曜とは、いったいどんなもので、

先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種の曜には

どんな意味があるのか?

また何を気を付けなければいけないのか?

まとめていきます。

六曜とは?

六曜とはいったいどんなものなのでしょう。

 

六曜とは、読み方は、「ろくよう」「りくよう」と読みます。

暦注の一つで、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の

6種の曜があります。

 

暦注(れきちゅう)とは、

暦に記載される日時・方位などの吉凶、

その日の運勢などの事項のことです。

広告

日本では、暦の中でも有名な暦注の一つで、

一般のカレンダーや手帳にも記載されていることが多いです。

今日の日本においても影響力があり、

「結婚式は大安がよい」「葬式は友引を避ける」など、

主に冠婚葬祭などの儀式と結びついて使用されています。

 

6種の曜

先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口と

6種類の曜がありますが

それぞれどんなものなのか?

簡単にまとめていきます。

 

先勝

「せんしょう」「せんかち」「さきがち」「さきかち」などと読まれています。

「先んずれば即ち勝つ」の意味です。万事に急ぐことが良いとされています。

「午前中は吉、午後二時より六時までは凶」と言われます。

友引

「ともびき」「ゆういん」などと読まれています。

「凶事に友を引く」の意味です。

「朝は吉、昼は凶、夕は大吉。ただし葬式を忌む」と言われます。

先負

「せんぶ」「せんぷ」「せんまけ」「さきまけ」などと読まれています。

「先んずれば即ち負ける」の意味です。万事に平静であることが良いとされ、勝負事や急用は避けるべきとされています。

「午前中は凶、午後は吉」ともいいます。

仏滅

他の六曜は読みが複数ありますが、仏滅は「ぶつめつ」としか読まれません。

「仏も滅するような大凶日」の意味です。

「何事も遠慮する日、病めば長引く、仏事はよろしい」ともいわれます。

大安

「たいあん」が一般的な読みですが、「だいあん」とも読みます。

「大いに安し」の意味です。

六曜の中で最も吉の日とされます。何事においても吉、成功しないことはない日とされ、特に婚礼は大安の日に行われることが多いです。

赤口

「しゃっこう」「しゃっく」「じゃっく」「じゃっこう」「せきぐち」などと読まれます。

午の刻(午前11時ごろから午後1時ごろまで)のみ吉で、それ以外は凶とされます。

この日は「赤」という字が付くため、火の元、刃物に気をつける。つまり「死」を連想される物に注意する日とされます。

「万事に用いない悪日、ただし法事、正午だけは良い」と言われます。

広告

あまり気にしない人も

多いのかも知れませんが

結構「縁起」を担ぐ人も

いると思いますので

気にかけてみては・・・。

広告


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ